ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2011/7/7

万松寺とその周辺  まちだの話題

クリックすると元のサイズで表示します

こういうのが私の原風景です。雑木林の丘に囲まれた小さな区画の畑や田んぼ。地平線が見えるわけでもなく、大きな山とか海が見えるわけでもない景色。

どこにでもあるようで、そっくりという所はあまりない景色ですよ。

続きを読む「またまた散漫な文章ですみません」
0

2011/7/6

町田市 万松寺谷戸の風景  まちだの話題

ここは町田市小野路町の万松寺谷戸。小野路町は自宅から近いのですが、ブログに登場させた覚えが無いよ?と検索してみれば、やはり、ネタにはしていませんでした。新撰組の話しでチラッと出したくらいです。

クリックすると元のサイズで表示します

そーです、近藤勇が出稽古に来たこともある場所です。当時は多摩全体が、この景色だったのでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

植生の豊かさでは素晴らしいところです。ハイキングには長袖長ズボン必須です。

クリックすると元のサイズで表示します

谷戸の奥で水田の管理をしている市民団体もあるそうで、私が加入している団体に「はじめまして」の挨拶をしたとき、

「ああ、あんたが万松寺谷戸でやってたって人?」
「田んぼは経験あるの?ああ、万松寺の人かぁ」

勝手に私に当てはめられた万松寺谷戸、やっと見に来られました。

すごいとこだね、ここは東京かぃっ!
(というか、宅地の中に積極的に緑地を残すのが東京都のやり方だと思う。神奈川県の横浜市・川崎市の徹底的な開発を見ると、そう思う)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

先生に引率されているような大学生のグループと一緒になりました。授業の一環だったのでしょうか。生き物好きの人には、ここはなかなか一見の価値ありの場所です。


万松寺にお参り編につづく

あ、このバンショージ。標準語と、この辺の人の発音とは違うんだな、と今気付いた。
1

2011/7/5

ドウダンツツジにサラグモの巣  いい気分♪

しとしと雨降りの日は、サラグモの巣が目立ちます。

クリックすると元のサイズで表示します

サラグモは小指の先ほどの小さなクモ。水辺のやや近くに生える植物に巣を作るので、ユスリカとかを食べているのかな?クモがいるということは環境がいいということ。こういうの全部なくなったらそれこそ怖ろしい、そんなの人の住むところじゃありませんよ。



続きを読む「お次はアップ写真」
0

2011/7/4

町田天満宮  まちだの話題

クリックすると元のサイズで表示します

町田天満宮は菅原道真を祀っています。学問の神様ということで、受験シーズンは遠くから行列が見えるほど参拝者で混雑しています。


続きを読む「被災地の応援もしています」
0

2011/7/3

半夏生に半夏生発見  いい気分♪

半夏生の花は画像で知るのみでした。
でも初めて本物を見たとき、すぐにピンと来ましたね!

クリックすると元のサイズで表示します

かなりボリュームのある群生。

住宅地の中を流れる用水路のような川の、申し訳程度に作ったわんどの緑地に生えていました。


続きを読む
0

2011/7/2

高輪 泉岳寺  ちょっとお出かけ

クリックすると元のサイズで表示します

泉岳寺は元々、徳川家康が今川義元の菩提を弔うため江戸城のすぐ外に作られた曹洞宗のお寺です。三代将軍のときに大火により焼失したため、高輪の地に移りました。高輪といえば、高輪大木戸があるように当時は江戸の外れです。

江戸城の隣から大木戸の近くへ。いくら火事になったからって、なんかちょっとスットビ過ぎなような気がするけれど、記して残せない経緯があったのかな〜?なんてね。


続きを読む「泉岳寺といえば赤穂浪士」
0

2011/7/1

水分補給と熱中症対策のこと  体調のこと

私が若い頃は、「水を飲むとバテる」と言って部活でも水を飲ませてもらえなかったものです。

その後、水分は取らなければならないと常識が切り替わって、上の言葉も廃れてしまいましたが、ちょっとまってね。

この言葉、曲解されていたのではないでしょうか。


続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ