ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/1/17

優れた音質  なるほど・・・

 これについては書かないつもりでいましたが、息子がおもしろいネタを持って帰ってきたので書きます。でもその単語を書きたくありません。検索にひっかかりたくないからです。「中央えぐざみねいしょん」のことです。

リスニングのテストで使用したイヤホンは、受験者が持って帰っていいんだって。
クリックすると元のサイズで表示します

 そ〜れが素晴らしい音質なの!息子も音が出てきてすぐ
「うぉ!音い〜い!!」
と驚いていたんだそう。

 PSPにダウンロードした音楽を、聞いてみ?と渡されたので耳に突っ込んでみたら、キャー音きれ〜い!そんじょそこらのイヤホンじゃないよ。これで発音が聞き取れなかったら、そりゃ本人の能力の問題と。



 受験会場の外では、色々な業者さんが顧客予備軍の受験生にあれこれ渡します。チラシだけでは受け取ってもらえないから、えんぴつとか消しゴムとか使い捨てカイロとか。だから、おみやげをたくさんカバンから出していました。

0

2010/1/14

ものは言いよう  なるほど・・・

 知り合いが「うちの庭でとれたミカンよ」と持ってきてくれました。母が一口食べて、
「うーん!昔のミカンの味がする」

そ、それって・・・( ̄o ̄;)

 早々にメジロさん用になりました。てんこ盛りです。
クリックすると元のサイズで表示します


  +.。*。・*。°+.。*。・*。°+.。*。・*。°+.。*。・*。°+.


「2009年のボジョレーヌーボーはおいしいですよ」
とソムリエの田崎真也氏が解禁日前にラジオ番組で言っていました。司会者に
「だって、今年のはまずいですよなんて言う年ないじゃないですか」
と突っ込まれると、
「そういう年は、『ボジョレーヌーボーらしいボジョレーヌーボー』と言うんです」

 ・・・ふうん、じゃあ買ってみようか。でも2千5百円くらいして、まずかったら大損だから売れ残りが安くなったら買おう・・・と、待てよ、室温20℃の蛍光灯煌々の店内に長い間置かれたワインってどうよ?

 などと迷っていたら、店頭から早々に姿を消しました。飲みはぐれた!と思っていたところ、某焼肉店でグラスで出してくれるとあり、年明けにやっと飲めましたよ。

クリックすると元のサイズで表示します 昼間ですけど。

本当においしかった!これで二千円台ならオトク。
(って、今更なんの意味がある情報?)

0

2010/1/13

明治神宮  ちょっとお出かけ

 原宿に来たら明治神宮。
クリックすると元のサイズで表示します
 今年は鎮座90年、植樹のときにどれほどの大きさの木を植えたのか知りませんが、参道には見事な大木が並んでいます。

正殿前では、芸能人?が何かしていたようで。名前聞いたけど忘れちゃったぁ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックで拡大しますが、それでも誰だかはわからないでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
 それにしても、正殿をぐるりとかこむ書初めの見事なこと。都道府県別に貼り出されています。写真右側が岩手県、その奥のお守り売り場の後ろが青森県でした。黒石小学校と書かれた習字が何枚かありました。一つの学校から複数人出せるのは、すごいことではないでしょうか。

 私は節分の豆を買いました。
クリックすると元のサイズで表示します
子丑の天中殺が終わるのは大晦日ではなく節分で、立春からが「明け」です。今年は一つ、派手に鬼払いをいたしましょう!


・・・でも、後の掃除のことを考えると、手元から力が抜けるんだよね・・・。


0

2010/1/12

原宿のつづき  ちょっとお出かけ

 私、表参道ヒルズって入ったことなかったんだ〜。
クリックすると元のサイズで表示します
おお〜、きれいだ〜♪

 ここばかりでなく、赤坂サカスや汐留シオサイトもないし、東京タワーも昇ったことないのよ。評判がすっかり落ち着いた頃に初体験して一人で興奮してるよ!

 表参道ヒルズ内に並ぶお店は、エート値札が全然見えませんが???
ゼロが一つ違うそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
 原宿のメイン通りの表参道には、ドラッグストアやファーストフード店やコンビニエンスストアといった下世話な雰囲気を醸し出す店舗がとても少ないのです。青山より六本木より気位の高そうな街に仕立て上げましたね。

 
 それにしても、こういうおしゃれなスポット、高そうなお店に我が物顔で出入りしている男の人って、どうしてこうも・・・




続きを読む
0

2010/1/11

エコファームカフェ632  アオモリなひととき

 原宿はすっかり青森です。
クリックすると元のサイズで表示します
とことん青森カフェ&レストラン 1月11日(月)〜24日(日)
「原宿表参道周辺のカフェ・レストランにて、青森県産の旬の食材を使用した期間限定メニューをお楽しみいただけます」とのことで、開催日初日に行ってきました。お友達のれしぴさん、M子ちゃんに付き合ってもらって。

クリックすると元のサイズで表示します
エコファームカフェ632
渋谷区神宮前6-32-10 ピアザアネックス1F

 ランチタイムだったので、私は期間限定メニューの「青森活きほたてとブロッコリーのペンネ プロヴァンス風」\1,300 を、
クリックすると元のサイズで表示します

M子ちゃんは「青森活きほたてときのことマノーミン(ワイルドライス)のトマトグラタン」\600 を注文し、
クリックすると元のサイズで表示します
れしぴさんはレギュラーメニューを頼んだので写真なしです。そういえばゴメンネ!

 トマト味のペンネには、甘みを感じるホタテ貝柱がごろごろ入っていて、素材のボリューム感が青森的でした。ペンネの茹で具合もいい感じです。

 ただ、お店は青森メニューを最初に提示してくれなくて、ホームページを印刷していったものを見せて「今日はご用意いただけますか?」と聞きました。ツウの裏メニュー?

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらのお店は内装が1980年代っぽいですよ。なんだか懐かしい雰囲気です。こういう造りのお店は当時たくさんあったけど、そういえば姿を消しました。残っててエライ!です。


 その後、「河岸を変えて」(said れしぴ)表参道ヒルズ向かいのイル・ピノーロカフェにも行ったのですが、
クリックすると元のサイズで表示します
こちらのお店の「青森りんごサンふじシナモン風味のワッフル バニラアイス添え \600」を期待して行きましたが、青森メニューは明日(12日)からだったそうです。ハーブティだけにしました。

 ちょっと気が早かったようです。とことん青森のイベント本番は1月23日(土)、24日(日)。そのときに再トライいたしましょう。

0

2010/1/8

味噌カレー牛乳煎餅  アオモリなひととき

 pikoさんから下北げんき祭のときにお願いしたCDと共に送られてきた、うれしいお年玉!

きゃ〜ん!pikoさん、ありがとう〜〜
クリックすると元のサイズで表示します
これ東京ではまだ販売されていないらしいのよ。食べたかったの〜〜!

パッケージによると、

「味噌カレー牛乳ラーメン」は、その名の通り味噌をベースにカレー粉、牛乳を入れたラーメンで、バターは自動的にトッピングされます。独自に調合された「味噌のコク」に「カレーの刺激」、「牛乳のまろやかさ」さらに「バターの風味」が絶妙なバランスを醸し出します。30年以上の間、青森市民に愛され続けるソウルフードです。

だそうです。まだラーメンは食べたことがありません。

どれどれ・・・?
クリックすると元のサイズで表示します

 ん、サクッと揚げせんべい。噛んでいるときは味噌とカレーの味、飲み込んだ後味にミルク風味が出てきます。想像していたより薄味で、後をひきます。うーん、これは「ひとふくろう」が簡単ダ。

 でも大事に取っておいて、少しずつ食べます。空き袋になったら左上にいる大好きな決め手くんを切り取って、手帖に貼っておきましょう。

 pikoさん、ありがとうございました。


 +.。*。・*。°+.。*。・*。°+.。*。・*。°+.。*。・*。°+.


 今日は息子が今年初弁当。冬休みのブランクがあって手順を忘れてる〜!と思ったけど、案外早く作り終わりました。やっぱり私、年末は疲れていたんだな。急いでいたのに今日より時間がかかっていたもの。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして今日の日の出前。右上にちょこっとお月様。1日が満月、15日が新月で、今日はちょうど半月なんですね。5時半に真っ暗な台所に入ったとき、窓から入った白い光が床を照らしていました。

<訂正>失礼しました、下弦は7日でした。
0

2010/1/7

蒼穹の昴  

 タンさんに勧められたのは、いつだったでしょう?やーっと、やーっと読み終わりました。
クリックすると元のサイズで表示します

 今まで中国モノから遠ざかっていたのは、中国が大好きだったり嫌いだったり、とにかく詳しい人のタイプが、あまり好きではなかったからです・・・。

 浅田次郎の講演会に行ったときもそうでした。壬生義士伝(新撰組の話し)について聞く人は謙虚で常識的な態度だったけど、蒼穹の昴のことを質問する人は、感じワルッ!だったのです。

詳しくは当時ブログに書きました。(2006年12月)
http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/689.html


 でもタンさんのオススメなら、と読んでみました。うん!おもしろいネ!!

 読者の興味が乗らないうちは、子どもや若者が主な登場人物で、科挙の試験を受けていくという単調な展開。その後、清朝の政治の話しに差し掛かると登場人物が増えるし、権謀術数は複雑だし、同じ人物をいくつもの名前で呼ぶし、それも中国語読みで、
(西大后はシータイホゥ、紫禁城はヅチンチョン)
「うーむ、難しい・・・」
と難儀するけど、その頃には最初から出ていた無邪気な子どもの行く末が知りたくて、読んでしまいました。

 そしたら、そしたら、BSハイビジョンでドラマが始まったじゃないですか!!うち見られない・・・

 NHK総合で予告を見ましたが西大后は田中裕子ですね。満州人の顔立ちじゃない気もするけど、最終章の皇帝の衣をまとう直前の、涙を誘うシーンには似合いそう!ああ、見たいなあ。総合テレビでやってくれないかしらん。

0

2010/1/5

おいしいお豆腐  グルメ・クッキング

「あれっ?こんなところに豆腐屋さんあったっけ?」で買いました。町田の仲見世商店街の中にある店です。
クリックすると元のサイズで表示します
↑おぼろ豆腐(\200)と絹ごし(\120)を、夕方なので各100円にしてくれました。一丁がちゃんと600gある本格派。海水から取ったにがりだけで作っていますって。

 舌に乗せて「おいしい!」というよりも、食べた後でお腹が気持ちいいお豆腐です。

 「豆腐は胃もたれするもの」と思っていたけど、あれは添加物でもたれるのかと気付きました。この年になって気付くくらいですから過敏体質ではないと思います。味噌汁の具くらいなら大丈夫ですが、湯豆腐だと
「なんでこんなに満腹?」
になって、豆腐料理フルコースなんていうと、本当に気持ち悪く・・・なりませんか?私は神奈川の大山でひどい目に会いました。

 豆腐に限らず、製造者の言い分は、
「法律で使用が認められているから良いのだ」
「使用基準を守っていればいいのだ」
です。作るだけ、売るだけなら良いのでしょうが、食べることを考えたとき「良い」と言いきれるものなのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
仲見世商店街って、こんなところです。
左に看板の見えるカレーのアサノは、一時期男性誌で人気になったとか。
0

2010/1/4

カヤナイト  趣味

 よく行くパワーストーン屋さんの、ガラスショーケースの中にあったカヤナイト。穏やかなブルーに、きれいだなあと一目ぼれしました。

 バラ売りの6ミリ玉(一個¥350、けっこういいお値段)を6個買って作った、今年の一作目。
クリックすると元のサイズで表示します
 透明なようで不透明なようで、ストライプ模様やキャッツアイのような反射があり、不思議な色合いです。

 後で知ったら、今年のラッキーカラーはダークめのブルーだそうじゃないですか!今年はこれを主に着けてよう。

 去年は、タイガーアイとかカーネリアンとかラピスラズリとか、「負けねえぜ!」的な強めの石を好んでいましたが、今年の気分は穏やかめ。

 チャンスに貪欲に食らいついていったり、邪気や厄を強力に遮断したりではなくて、何事も巡って来たご縁と一旦は受け入れて消化し、なお且つ自分をゆるがせないこと、ニュートラルな自分を保つこと、を本年の抱負としたいと思います。

0

2010/1/3

丸の内お散歩  ちょっとお出かけ

昨日のつづき

丸の内は再開発されてきれいになりました。
ニューヨークみたい(って行ったことないけど)ね〜!
クリックすると元のサイズで表示します
・・・と、この写真を撮っていたら、一緒に行った人が
「あれっ、東京都清掃局って車、写らなかった?大丈夫?」
「え!そんなの走っていたの?」
「うん、そこ横切った」
バッテリーが黄色マークだったので確認しなかったけど、無事写していませんでした。
ホッ(´o `*)。

 少し歩くとあるお店で行列が。何、何?これ何屋?
クリックすると元のサイズで表示します
この綴りでエシレと読むそうです。バター専門店。フランス中西部にある人口3千人ほどの小さな村から空輸されているそうです。近頃は大企業が作ったどこで食べても同じというものより、地方の小さな組織が作った食品のほうが人気が出やすいですね。

 どういうわけでフランスの田舎のバター屋さんが、日本で行列ができるほどになったのでしょう?少なくとも在日フランス人は喜んだんだろうな、と思いますが。バターねえ?

 アンリ・シャルパンティエのフィナンシェは、ここのバターを使っているそうです。機会があったら食べてみたいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
 最近の再開発は、街の中にちょっと一休みできる場所を作ります。銀座のように何もかもがギッチギチに詰まっていて、緊張してカッカッカッ(パンプスの足音)と歩かなきゃ行けない街よりは、気持ちのいい空間です。年をとったからそう思うのかな?

(翌日の追記; この場にふさわしい「一休み」ができない人はお断り、な雰囲気がある街だからこそ、一休み空間を作れるのかもしれません。ちょっとある場所を思い出しました)

クリックすると元のサイズで表示します
 このレンガ造りの建物は三菱一号館。明治時代の復元だそうで、今年4月には美術館としてオープンするのだとか。

 ここは東京国際フォーラムから目と鼻の先、なのに存在を全く知りませんでした。
弘前城公園に毎年行っていて、旧弘前市立図書館を知らなかったポン太さんを笑えませんね。(あの記事を読んだときは笑いましたスミマセン)

 効率一辺倒でない建物は美しいと思います。できれば復元ではなく、新しい時代感覚で作り上げられたら、後世の評価はより高くなったことでしょうけど。・・・ナンテ、言うのは簡単でしょうか。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ