ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/3/30

「へっちょこだんご」って?  グルメ・クッキング

前日につづき、いわて銀河プラザ「二戸市特産品フェア」第二回雑穀編です。

 私、雑穀って知らないんですよ。皿に並べられて
「どれが、ひえであわできびでしょう?」
と言われたら全然わからない。今回はだいぶ勉強になりました。

 28日は11:00〜と14:30〜の2回、二戸の伝統料理「へっちょこだんご」のふるまいがありました。

↓へっちょこだんご
クリックすると元のサイズで表示します

 甘い小豆汁の中にたかきび粉で作っただんごが入っています。ふるまいは一人だんご2個ずつ。
クリックすると元のサイズで表示します
 餅や白玉粉で作った団子と違って結着が弱いので、口に入れた途端だんごが、
ふわっ、とろ〜ん
どこまでが汁粉なのか、どこからが団子だったのか、舌が分けられないまま喉に落ちていきます。雑穀が「ふわとろ」とは意表を突かれました。

 たかきびだんごは、飲み込んだ瞬間かすかに独特のやさしい香りが鼻腔に抜けます。何かに似ていると感じましたが、わかる前に食べ終わってしまいました。

 ふるまいは金曜日から行なわれていたので、用意した「たかきび粉」は土曜日に売り切れてしまったそうです。販売の担当のかた曰く、
「やはり皆さん、お召し上がりになるとね(^^)、粒のままでしたら二戸の物ではないんですが、別の所のものを店内で取り扱っているようですが、粉はないんです」
初めて食べた人が「うちで作る」と材料即買いしたあたりから、お味が想像できますね?ほんとにおいしかった〜。

 で、日曜日に行った私はたかきび粉は買えなかったし、「北のコナモン博覧会」の冊子を3回見直したけど、へっちょこだんごを出すと書いてある店は見つけられません。売り場でいただいたレシピを大事に取っておき、粉が手に入ったときに備えます。

 お名刺交換はできませんでしたが、二戸高原農場のかたには色々お話しをお聞かせいただきました。ありがとうございました。

↓JRのポスターがきれいでした。
クリックすると元のサイズで表示します


mission compete! (^^)b

へっちょこだんご その2 その後書きました。




↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ