ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/3/25

案外きれいな写真が撮れる鉄道博物館の巻  ちょっとお出かけ

鳥取砂丘の風紋
クリックすると元のサイズで表示します
・・・ではありません。鉄道博物館の屋根ですよ〜。

エントランスホールに差し込む光が、ちょうどきれいな時間でした。
クリックすると元のサイズで表示します

こちらは銅版画家山本容子さんの作品。もっと露出アンダーにすれば良かったかな?
クリックすると元のサイズで表示します

 上の2枚の写真は、あえて人に入ってもらいました。フォーカスロックしたらモニターではなく、肉眼で被写体周辺を見て「よしっ、あの人があそこまで来たら」と狙います。
被写体として撮りたいな!と思う人は、
・姿勢が良くてスラリとした人
・きれいな色の服を着ている人
・子ども
ですね〜。「う、カメラ、迷惑」といった顔をしている人は、もちろん撮りません。

電車も一枚載せましょう。ラブあけぼの。
クリックすると元のサイズで表示します
 メインの展示フロアに、リング状に並んだスポットライトがとーっても良くて、撮っていて楽しいの!せっかくだからもっと凝ったアングルで狙っても良かったかもしれません。次は写真を撮る人と一緒か、一人で行きたいものです。

チケットありがとうございました。とても楽しませていただきました。


鉄道博物館おわり


↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ