ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/2/26

これさえあればご飯何杯でも、というおかず  グルメ・クッキング

私は断然「ねぎみそ」です。
クリックすると元のサイズで表示します

1.ねぎは縦に十字の切れ目を入れてから荒く刻む。そばの薬味よりぐっと荒く。
2.花かつおを手で揉んで細かくして入れる。しっけているときはフライパンで乾煎り。
3.その上に味噌を少ないかな?(ねぎに比べて体積で1/3くらい)くらい乗せ、なじまないのを辛抱強く我慢してかき混ぜ続ける。
4.お好みで醤油、おろし生姜を加えても。

ねぎは断然、鮮烈な辛みの白ねぎですよ。
青ねぎでねぎみそはできないでしょう〜。d( ̄o ̄ )
みりんや砂糖など甘味系調味料は、絶対に入れません。入れてはいけません!

この「ご飯が何杯でも」というおかずは、各地様々な味があるのでしょうが、内陸の人間はこのようにつましい物で喜びます。海の近くの人がしれっと
「すじこ」
などと言い放つのを聞くと、その贅沢さにクラクラ来るぜ。
そりゃあたりめえだんべえ、とも思います。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ