ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/12/22

同じものを使いながら  美容・コスメ

 Blueさんと同じカメラを使いながら、写真のこの差はなんだ!というのは、前々から思っていることですが、もう一つ追加の話題。

 DHCオリーブ倶楽部でアイシャドウのメーク・テクを図解していました。

クリックすると元のサイズで表示します モデルさんのメーク前

クリックすると元のサイズで表示します メーク後
 オリーブ倶楽部1月号より

 いいですね。とぼけたような幅の広い二重まぶたが、こんなにキリリと!このアイシャドウを使えば、私もキリリとした目元になれるのかも!?

 というわけでDHCのショップに行き、カタログ通りにメークしてもらえませんか、と頼みました。

 なのに、なのに、結果は、同じアイシャドウを同じ道具で同じ付け方をして、この仕上がりの差はなに?´Д` というもの。こういう顔、昔は「たぬきのような化粧」と言ったっけ。私もガーン!と来たけど、対応してくれた美容部員の人もショックだったようで、
「ぜったいきれいにしてみせる!」
と、美容部員魂に火をつけてくれたようです。アイシャドウだけのつもりが、フルメークになり、なんとか収まりがつきました。


「なにか買わなきゃ悪いね」
「いいえ、カタログのほうでセールをやっていますから、そちらでお買い求めください」

 仁義にのっとって、ちゃんと購入しましたとも。DHC新百合ヶ丘店の美容部員さん、ありがとうございました♪


<もう一声!>
DHCのアイシャドウパレットは発色が良く、軽くてしっとりした付け心地です。↑の後、ダンスで汗を流しましたが、色のくすみもほとんどありませんでした。


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ