ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2008/10/19

八戸の磯ラーメン  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
 磯ラーメンというカテゴリーがあるのです。
細いちぢれ麺にあっさりスープで、具材の味を引き立てています。刻んだ青じそが乗っているところが青森風。はじめて「いちご煮」を食べたとき、魚介類が新鮮で臭みもないのに、なんで香りの強い葉を入れるのだろう?と疑問に思いましたが、今は、このブレンド風味が青森だな、と思います。簡単な言葉でいうと「慣れた」。

 ところで、青森のラーメンは、東京のそれに比べて麺の量が多いのです。いつもの感覚で食べていると終盤ラストスパートをかけるところで、たっぷり1/3程度残っており、ギョっとします。ペース配分に注意が必要です。まだまだ修行が必要です。

 お店は、ぜひここにという希望はなかったので、まるごと青森さんの記事を思い出しながら、車を走らせ、
クリックすると元のサイズで表示します
「あ、これ、この店ですよ」
と決定。迷わず到達できてよかったです。種差海岸駅の正面の通りを海の方向にタラタラっと下って、浜に突き当たったら左を向くと看板が見えるでしょう。電車で行くならばそんな感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
お店の窓からは、種差海岸の天然芝の風景が見えます。
「ここって、司馬遼太郎が宇宙人に見せたいとか言ったところですよね」
と、私は相当変にはしょって話しましたが、正しくは
「どこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした」(街道をゆく3)
という表現です。「宇宙人に見せたい」じゃあ、風景の美しさを全然表現してないね!変な人みたいになっちゃう。失礼。

 八食センターではトリトンさん と待ち合わせをしました。奥様にもお目にかかれて光栄です。トリトンさんには、去年私がトリトンさんのブログのコメントで、大騒ぎをした「さるなし」のジュースをたくさんお土産にいただきました。ごちそうさまです。このお礼はいつかきっと!
クリックすると元のサイズで表示します
東京まで待てずに、新幹線の中でいただきました。あっさり上品なお味です。

新幹線の中の夕飯は、コレ↓
クリックすると元のサイズで表示します
うにといくらのきらきら丼

クリックすると元のサイズで表示します
 小分け袋入りの、ウニとつぶ貝のたっぷり入った「あん」をご飯の上にかけ、別置きのイクラをかけます。あんかけご飯の駅弁とは、めずらしくて大胆。旅行中の美食で、少々疲れた胃袋には、サラサラとおいしく流れ込んで行きます。これだって十分美食ですけどネ。(^-^*)

生臭かったり?とちょっと警戒したけど、そんな心配全然なしでした。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ