ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2007/12/1

鉄タイム  旅行

クリックすると元のサイズで表示します 五所川原駅

 電車が好きなんですよね、その秩序性が。定時運行の規律正しさ、スタッフ各位の行う安全確認のための指差呼称はホントしびれる。利用者側にも秩序は求められます。ここを歩く、ここで待つ、ここに荷物を置く、服装だってパジャマみたいなスウェットスーツにスッピン、ボサボサ頭じゃ乗れない、と自然に己を律する気持ちにさせる空間が良いのです。

クリックすると元のサイズで表示します
 向こうに津軽鉄道が見えます。このときは一部区間でバスによる代行輸送をしていました。だから「初つてつ」は次回に見送りました。

クリックすると元のサイズで表示します
 岩木山の手前に田んぼという風景が好きです。田んぼという人間が作った空間と、山という大自然。だいたい日本では名だたる山の風景は、自然プラス自然の組み合わせが多いのですが、岩木山はその意味で独特だなぁ、と思うわけです。司馬遼太郎が「日本一だ」と言った理由もそこかしら?なんて我田引水をしてみたりします。今回はこの見え方がマキシマム。今日、12月1日にストーブ列車が運行を始めたというニュースを見ていたら、この雪は一週間ですべて消えたようですね。

クリックすると元のサイズで表示します
 深浦駅では3分停車。反対側ホームにリゾートしらかみ1号「ぶな」編成がいたので、カメラを持った男性がぞろぞろ降りる降りる、ホームの端まで皆走る走る。もちろんうちの16歳も例外ではありません。

 五能線は良いよ〜〜、でも良いのは青森県内だけかもしれない〜〜、景色はね。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ