ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2007/11/28

大鰐温泉  旅行

クリックすると元のサイズで表示します
辛うじて紅葉も見られたりして。やはり東北の紅葉の色づき方は、こちらと全然違います。カエデが本当に鮮やかな色でした。

クリックすると元のサイズで表示します 
町営の日帰り温泉施設「鰐come」
利用料は、町民300円、一般500円、津軽フリーパスを見せると400円。

 入館したのは5時半ごろ。運動部の帰りらしい高校生女子グループが、雪道に不慣れで歩みの遅い私たちを追い抜いて、入館して行きました。鰐comeの前にいた男子に、何かからかわれるような言葉をかけられ、笑いながら言い返していたりして、楽しそう。それにしても部活の後に温泉とは、なんと贅沢な〜!うらやま。

クリックすると元のサイズで表示します
浴室外のくつろぎスペースは、床暖房でほどよい暖かさ。クツロゲル〜ゥ

温泉で体がホカホカに温まって、帰り道はちっとも寒くなくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します 弘南鉄道の構内

そろそろ弘前へ戻りましょう。

運賃精算;
弘前→大鰐温泉<JR奥羽本線>¥230
大鰐→中央弘前<弘南鉄道大鰐線>¥390 ホラもう元取れた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ