ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2007/2/23

弘前  旅行

 ガイドのクロタキさんに、ねぷた村内に貼ってあったJR東日本のポスターを指差して、
クリックすると元のサイズで表示します(これは実は山唄店内)
「私、昨日ここ行ったんですよ。」
「ここは?ん?どこだ?」
「山唄。」
「ああ、山唄っていったら、福士リツさんっていてね・・・。」
「うん、福士リツさん、昨日出演なさってました。」
クロタキさん「ええっ!」と、すごく驚いている。
「出演を狙って行ったわけじゃないのに、唄が聞けたの?ええっ、それってすごいことだよ。」
猫に小判、豚に真珠、私にリツ。

 ねぷた村を出て、旧城下町の住宅街を歩いていると、クロタキさんが
「ちょっと、ちょっとここで待ってて。」
と道脇の住宅に入っていく。待っていると、その家の奥さんを呼び出して
「今日はね、東京からお客さんが来ているから、りんごでも持たせればいいと思って。2人いるから3個ずつぐらい出しなさいよ。」
と言っている。私があわてて
「悪いですよ。」
と言うと、
「あるものは持っていけばいいの。」
クリックすると元のサイズで表示します
 クロタキさんと別れてから、ジョッパルのダイソー100円ショップで果物ナイフを買い、つがる30号の車内で食べた。どうやって保管しているのか、2月だというのに果汁が豊富でおいしかった。

クロタキさん「次はねぷたのときに来なさいよ。うちの会の山車の上に乗せてあげる。」
「次は」あたりは私のほうを見て言うけど、「乗せてあげる」は息子のほうに向く。あの上に乗れるのは、やっぱり男性だけなのかな?乗る乗らないは置いといて、そうですね〜本当に行きたいですね。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ