ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/7/18

八戸市 洋望荘で玄米菜食コース  旅行

三陸復興国立公園種差海岸の、種差漁港近くに建つ洋望荘さんは自然食をいただけるオーベルジュ。人気漫画「美味しんぼ」で100巻と108巻の二度取り上げられた、完全予約制のレストランです。

クリックすると元のサイズで表示します

・・・との説明をホームページで読み、小心者の私はちょっとビビりつつ予約の電話をしました。ひ、一人で、ランチだけでもいい?マクロビ知らないと怒られる?とか。そうしたら、きさくな奥さまの応対でホッとしました。

メニューから玄米菜食コースを選びました。と、さらっと書くとうそっぽい。魚介類コースも玄米菜食コースもどっちも食べたくて猛烈に悩み、いよいよ注文の段階になっても、やさしい奥さまの雰囲気に甘えて、
「あ、ちょっと待って・・・、やっぱり、いや、でも・・・」
と、まだ迷い、相談に乗ってもらいながら結局玄米菜食コースに、単品でうにしゅうまいを追加してもらいました。ふぅー悩んだ。

この日の玄米菜食コースは、

クリックすると元のサイズで表示します
玄米雑穀ご飯と梅干し・糠漬け・自家製味噌に漬け込んだ昆布

クリックすると元のサイズで表示します
豆腐の野菜あんかけ。右側にある味噌をつけながら食べます。

クリックすると元のサイズで表示します
刻みめかぶ

クリックすると元のサイズで表示します
100時間煮込んだ野菜の煮物(左奥)と、ゴボウの味噌和え(右手前)

塩は微生物と一緒に摂りなさいということで、味付けには味噌が多く出てきます。

クリックすると元のサイズで表示します
インゲンの胡麻和え。炒り胡麻と醤油のシンプルな味付けとシャキシャキの歯触りがおいしくて、作り方を教えてもらいました。うちでも作ってみます。

クリックすると元のサイズで表示します
えのきだけと茎付き葉先わかめと長芋とろろの味噌汁。具だくさんです。

クリックすると元のサイズで表示します
そして、追加注文のうにしゅうまい。シュウマイ全体が蒸したウニと同じ柔らかさで、口の中でとろけました〜(*´o`*)。


あとは、テーブルに届けられるときに「よかったら」との言葉が添えられたので、もしかしてコース外のおまけでしょうか。ごちそうさまです!

クリックすると元のサイズで表示します
自家製パン。表面に岩塩をふって焼いてあり、何もつけなくても程良い塩味があります。一枚目の写真の窓の外に写っている薪は、パンを焼くための薪だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
テーブルに来て、思わず「キャー♪」と拍手してしまった生ウニ。季節です〜!

クリックすると元のサイズで表示します
やさしい味わいの自家製醤油がかかっていました。ウニの味を引き立てる醤油です。

他のお客様方が帰り、私はお昼時間最後の客になったので、シェフさんが近くのカウンター席に座り、ビール片手に色々なお話しを聞かせてくださいました。食の大切さ、健康を維持する食事・避けるべき食品のこと等々、説明書きもいただき勉強になりました。

でも難しい話しばかりでもなく、初っ端はこんな切り出しで。

「こちらのことはインターネットで検索して見つけたんですか?」
「はい、そうです」
「『イケメン・シェフ』で検索して?アハハハハハ〜」

笑ってらっしゃいましたが、そうなんです。ちょっと高橋英樹似で筋骨隆々とした素敵な50代の男性でした。動物性蛋白質を摂らなくても、こんなにいい筋肉がつくのね〜。実は肉嫌いで我慢して食べていた私は、目からウロコでした。

今回いただいたお料理は、素材も味付けも大好きなものばかり。食べ終わってとても気持ちいい。ああ、この感じが健康に近づく感覚なんだ、と体感できたような気がします。

オーベルジュなので、一回きりの食事ではなく、宿泊してじっくり食事を見直すこともできます。健康に不安のあるお客様もいらしているそうですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の一部は味噌蔵になっていて、生徒さんたちが各自作った味噌の樽が並んでいました。生徒さんは二週間に一遍天地返しに通っているそうです。


と、話しについつい夢中になって、電車の時間ぎりぎりになってしまい、お店の外観の写真を撮り忘れました!ザンネン。

クリックすると元のサイズで表示します

種差海岸駅から徒歩10分の場所にあります。



洋望荘/自然食研究所
青森県 八戸市大字鮫町字遥望石13

詳しくはお店のホームページをどうぞ http://chefsato.com/top

旅行中はつい美食・過食になりがちです。青森の県南地域は雑穀の優良産地なのだから、健康的な食事がガッツリいただけるレストランがあればいいのに、とずっと探していました。自然食とかマクロビオティクスを謳ったお店では、大抵「量が少ない!」と不満が残るので苦手だったのですが、こちらのお料理は、素材の無農薬野菜も自家製調味料も真っ当な力強さを持ち、ボリューム的にもとても満足でした。


今回の旅程はこちらにございます。
4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ