ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/5/31

寂寥感のはやぶさ18号東京行  旅行

新青森駅に慣れていないために、奥羽本線から一旦改札の外へ出たかったのに、ぼんやり新幹線ホームに入ってしまったという失態!

そうです、在来線の切符を入れただけでは当然ピコーン!と改札で止められ、それでもまだ気づかない。
「あ?なんで新幹線の切符まで入れなきゃいけないんだ?」
と、機械の言うことを聞いてもう一枚切符を入れて、通ってから、

シマッタ!!

と。

いえ私はいいんですが。ちょくちょく来るので。ご一緒だった方に申し訳ない(/_\;)。中に入ると、お弁当やおみやげの選択肢がぐぐーっと狭くなるんですよね。

そんなご迷惑をかけながら、私が予約を取った新幹線が先に出発するので、そのまま別れてしてしまいました。ごめんなさい。

クリックすると元のサイズで表示します

このすぐ次のはやての切符が取れず、今回は身に沿わぬ贅沢をしました。初はやぶさ号です。

帰ってから息子に、

「速いの?揺れないの?」

と聞かれましたが、速いかどうかは感覚ではわからなかったんです。飲んでいるか食べているか寝ているか、していたから。揺れは、そういえば、中でお弁当の写真を苦も無く撮れたんだから、はやてに比べると微振動は相当少ないのですね。値段が違うだけのことはあります。

クリックすると元のサイズで表示します

八戸付近を通過中に日没。うら寂しい夕暮れ。

クリックすると元のサイズで表示します

下の線路を遠ざかって行くつがる号の姿に、じんわり寂しさを感じました。と言っている私も、猛烈な速さで遠ざかっていたわけですが。(TДT)

新幹線は、夜行バスのカーテン締切り窓と違って、離れてい行く青森の景色が見えるから、帰りが一層つらいもんだね(´〜`;)。



今回の旅程はこちらにございます。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ