ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/5/3

戦災遺構としての東京駅  ちょっとお出かけ

ゴールデンウィークの東京駅前。

クリックすると元のサイズで表示します

今回来訪の目的は、東京ステーション・ギャラリーで開催されている木村荘八展「花の東京、東に、西に」。

クリックすると元のサイズで表示します

東京駅丸の内駅舎の北側ドームにあるこのギャラリー、美術館として作られた建物ではないからでしょうか、展示室は迷路のよう。見る順番にときどき迷いました。

「順路・・・、5はここで、7はあそこ、ええっと?6は?6はどこ?」

なんて。

思いがけず目をうばったのは、ギャラリーの内壁がむき出しの古いレンガなこと。

クリックすると元のサイズで表示します

展示室を出て、出口へ向かうらせん階段は、空襲で焼けた跡も見えるようにしてあります。

クリックすると元のサイズで表示します

ねじやくぎを受けるための木レンガは、芯まで完全に炭化していました。相当激しい火災だったことが想像されます。

クリックすると元のサイズで表示します

手を触れないようにと注意書きはありますが、焼けた炭の説明書きはありません。過去の不幸な歴史は、実際のところ美しいものではないですね。

どうなんだろう、これは・・・、

「なんやこのぶっさいくな壁ェ、ちゃんと内壁張ったらええのに」
「外側ばかり立派にして、金がなくなったんとちがいますぅ?w」

あちこちで聞いてきた(ホントだよ)こういう言葉を、また聞きそうな。

理解されようがされまいが、内側のレンガはこれまでの(約)100年、外のレンガはこれからの100年、どちらも同じ重みで価値のあるものです。

クリックすると元のサイズで表示します

静寂のらせん階段を降りきり、出口へ向かう自動ドアが開いた瞬間、ワーッと流れ込む駅の喧騒。はっと現実に引き戻されました。おっとと、思考が自分を離れていたね、と。


東京ステーションギャラリー、入場料は大人900円。
創建当時の壁を間近で見ただけでも、900円の価値があったと思いました!
ミュージアムショップは電車好きにはそそられる品揃えでしたよ。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ