ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/1/16

つがる市 あとりえわらべさんのこより細工  旅行

まるごと青森ブログで紹介されていた、あとりえわらべさん。紹介されるまで私は存じ上げず、でも「ぜひ見て欲しい」と、こう来るとモチベーションむくむくです。

あとりえわらべさんのブログにコメントでご挨拶ののち、おじゃましました。

蔵を改装したギャラリー、人一人が通れるくらいの間口から展示室に入ると、正面にはアーティスティックな大型の新作が置かれています。

クリックすると元のサイズで表示します

「縄文月光深鉢」と、台座は「縄文龍住楼」です。高さ2m以上はありそうな迫力のある作品、素材はこより、つまり驚いたことに紙のひも。作家は「スーパーおばあちゃん」と紹介されている工藤せこさんです。

クリックすると元のサイズで表示します

こより細工は昔はこのように漆塗りにし、編み目も目立たないようにしたそうですが、工藤さんの作品は柿渋仕上げにして、編み目やこよりの質感もそのまま生かされています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

蔵の中だから?応対してくれた作家さんの娘さんのお人柄?とってもくつろげる空間でコーヒーをいただきました。次の予定がなかったら、もっとゆっくりおしゃべりしていたかったぐらい。

クリックすると元のサイズで表示します

自分ち用に買ったのは↑こちら。事務所に来たお客さん用に菓子皿として使おうと思っています(本来は茶卓だそうですが(^^;)ゞ)。レースペーパーか和紙を敷いて、こぎん刺しの布とかもいいかも、とイメージが湧いてくるところが気に入ってます。

ギャラリーに置かれているときは、たくさん並んでいて目立たなかったのですが、持ち帰って自宅でその一つを見ていると、編み目がなんとも美しく存在感たっぷり。地味な柿渋色が関東人好みかも。


ところで、ギャラリーで急に思い出しました。知らないと思っていたこより細工。
↓うちにあったんです。

クリックすると元のサイズで表示します

ぽっぽ町田で行われたつがる市農産物販売会で、買っていました。
(その時の記事 → http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/1404.html

そのことを伝えると、文化交流事業の一環として工藤さんの生徒さんたちがお作りになった物を、町田で販売したとか。

このかごは、もっぱらカジュアルに、テーブルでりんごを食べるときの皮入れに使っていました。2008年に買った時より、色に深みが出ていい感じになってます。もちろんほつれたりしていません。手で触って使い続けることが大事みたい。

こより細工は、柿渋を塗り足せば何十年も使えるものだそうです。今年うちに来た菓子皿とも、手入れをして長い付き合いになれると思うと、ホンワカうれしくなります。


1月31日まで弘前市のストーンマルシェさんでも展示会が開かれているそうです。お近くの方がうらやましい・・・。


駆け足でバタバタとお邪魔したので、私は良い記事を書けるほど詳しくありません。ご興味のある方は、あとりえわらべさんのブログをご覧になってね。
http://yaplog.jp/warabe0122/


あとりえわらべさん、ありがとうございました。


今回の旅程はこちらにございます。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ