ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2013/1/11

cafe 4匹の猫「あべ鶏と青森産りんごのカレーライス」  旅行

クリックすると元のサイズで表示します

青森県立美術館に併設されたカフェは、床も壁も真っ白でおしゃれな異空間といった雰囲気。知っていたら「いやー、ワタシ向けじゃない」と、気後れしたかも。バスが50分来ない、お腹がすいた、やむを得ないという理由で利用のhitomi。

クリックすると元のサイズで表示します

下知識もないので、オススメメニューにしましょう。あべ鶏と青森産りんごのカレーか・・・。

カレーで千円か・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

ご飯ちんまり、カレーは具材の姿が見えずルー面静まり返り、角切りリンゴちゃらっと飾る。

うん(千円)、そうだな(千円 )、美術館併設のカフェだもの。納得しろhitomi。

ともやもやしたのも食べ始めるまで。ルーをすくおうとスプーンを持ち上げると、ハ!

クリックすると元のサイズで表示します

スプーンのすくう面より大きい肉の塊が2個。入れ物の中、ほとんど肉だったんじゃん!おまけにこの鶏肉

クリックすると元のサイズで表示します

うまーい!!

ほろほろに煮てあるのに、噛み応えムチムチ。旨味濃厚。

りんごがたくさん入っていて独特の良い風味を感じるけれど、果物の主張が軽やかでくどくない。甘ったるくもないし。けれんみのない上品な味。おいしい♪

お皿が大きいので、少ない?と思ったご飯も存外にボリュームがあり、なにより大きい肉塊2個のおかげで幸せにお腹いっぱいになりました。

これで千円(正しくは980円)はリーズナブル!


カフェ4匹の猫
http://www.yonhikinoneko.jp/4neko_1.html


ほどよく時間が経ち、バスの時刻が近づきました。

クリックすると元のサイズで表示します

青森駅方面へ行くには、美術館から道路を渡って反対側のバス停から利用します。

この「道路を渡る」という行為、雪国ではちょっと難しいですね。道路の両側にずーっとガードレールぐらいの壁ができてて、どこ?どこから?とキョロキョロしました。でもね、落ち着いてちょっと見渡すと、通り抜けられる場所が大抵あります。焦らなくて大丈夫だよhitomi。

ウン。



今回の旅程はこちらにございます。
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ