ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2012/10/29

海の森サンセットツアー  ちょっとお出かけ

海の森サンセットツアーは、10月28日まで行われていた全国都市緑化フェアTOKYOに関連したツアーです。主催は東京都港湾局。東京都広報で見つけたけど定員50名、抽選かなぁ?だめかなぁ?と思いつつ申し込んだところ、参加できました。

クリックすると元のサイズで表示します

当日聞いた話しでは、有料イベント(この回は\3,500)は応募が伸びないのだそう。

クリックすると元のサイズで表示します

葛西海浜公園西なぎさから望む東京湾。

ここで海岸清掃、国産炭を使ったおいしいバーベキュー(アルコール飲料付き)、チームを作ってクイズ大会、野鳥観察会と盛りだくさんの内容。教えてもらって初めて見えたこと、都の鳥ゆりかもめは沖のほうにギョッとするほどたくさんいます。

クイズ大会では、主催者側で決めた同じチームに一人やたらに詳しい人(こまつさん)がいて、私たち(チームこまつ)は全問正解。ハーブの栽培ポット3種をもらいました。

私「もしかして、ひそかに都職員?」
こまつ「まさか(笑)、それはない、ない(笑)」

オオウケされましたが、ただものではない雰囲気の人だったなー。


参加者同士ですっかりなごんだのち、海の森会場へ。

海の森は、東京湾にある中央防波堤内側埋立地に現在着々と作られているもので、フェアの期間以外は立ち入り禁止です。この「立ち入り禁止に入れる」っていうのに、飛びつく性分でして。

この埋立地は、ゴミと建設発生土をサンドイッチで埋め立て、その上に植栽基盤土として、建設発生土と街路樹の剪定枝が原料のたい肥をブレンドしたものを乗せています。

クリックすると元のサイズで表示します

フェアでは植樹イベントもあったそうで、私が参加したイベントの前の週に、有名人も招いて大々的に植樹が行われたそうです。

ひょろひょろの苗木には、都内の小学生がどんぐりから育てたものも含まれます。一年生ですぐ植えたとしても、植樹は何年生だろう?何年も一つの芽を育て続けていると、愛着も生まれるでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します

海の近くで植物にはちょっときびしい環境なので、潮風よけのフェンスが立ち、密集気味に植樹をしています。

クリックすると元のサイズで表示します

21年度に植樹したものは、もうこんなに大きくなり、間引き作業が必要な段階に入っています。潮風に強いタブノキを主体に、野鳥が集まるようヤマグワ、オオシマザクラ、ヤマモモなど実のなる木も植えられています。

森が完成したら、公園として一般に開放するそうです。楽しみですね。

クリックすると元のサイズで表示します

奥に見えるグレーの山は建設発生土。
「これらは東北へ行きます、今東北のほうは大量に土が必要なので」
地盤のかさ上げとか、堤防を作るのに役立ててもらえるならうれしいものです。と、同時に、これだけでは到底足りないのだろうとも思いました。


私は2005年にも、この外側埋め立て地(現在ゴミ埋め立て中)にも行っています。
http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/150.html

クリックすると元のサイズで表示します 2005.7.2

ゴミからガスが出るために、あちこちの地面からニョキニョキと黒いガス抜きパイプが立ち、色はグレー一色、いやにたくさんいるカラス。殺伐とした景色でした。

この殺伐を作るのは人、でも少しずつ消していけるのもまた、人の力です。

一人の子がどんぐりをポットに植える、そんな小さな行動がたくさん集まり、長い期間一つの目標を揺るがせずに取り組んでこそ、大きな成果が得られます。

すぐ結果を出すことだけに価値を置いていては、取り組めないこと。これはやはり「公」でなければできないことだと思いました。

いい勉強になりました。参加させていただき、ありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します かろうじてサンセット。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ