ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2012/10/14

ノースビレッジ 蔦ノ森ランブリングツアー  旅行

以前パンフレットを見たら、ノースビレッジさんのツアーは最少催行人員2名となっていたので、いつも一人旅の私はだめか、とあきらめていました。

今年ひょんなことでホームページを見たら、その制限がはずれたようで、すかさず申し込み!10月初旬は混雑シーズンではなく、ガイドさんと2人で歩くプライベートツアーでした。やったぁ!

蔦ノ森ランブリングツアーは、十和田八幡平国立公園の中にある蔦野鳥の森、沼めぐりの小道を歩きます。一周3キロのコースで、一目散に歩けば1時間程度の道のりですが、お話しを聞きながら、写真を撮りながら、じっくり3時間のツアーでした。

ガイドの丹羽さんには、森に住む小さな生き物のこと、命を終えた木を分解したり、地中にいてブナと共生したりする菌のこと、キノコの名前や味のことなどなど、たくさんのことを教えてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します

ツアー中、「ちょっとごめんなさい(ツアーを中断して、だと思います)」とカバンから袋を出し、ゴミをひろう丹羽さん。



私は前回蔦温泉近くに来た後、「青森のブロガーさんの写真を見ても、蔦のなにが良いのかわからない」とブログに書きました。

書きました。

が、今回やっとわかりました。すっっっごく、わかりました。

植物・虫好きならば、いろいろ見つかってワクワク感が強い所。写真を撮るにしても、景色が変化に富んでいて、自分オリジナルな切り取りができる場所です。そういうところが好き!(興奮!)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

蔦沼というと晩秋の日の出時刻の写真が有名で、それを狙ったカメラマンで混雑するそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

ツアー中、雨がふったりやんだり。ひときわ強く降ってきたとき、深い森の中にいたので全く濡れず、
「これって雨の音ですか〜?」
なんて呑気なものでした。森の中で雨の音を聞くって、いいものですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

と、いいつつ、そのうちいよいよ折り畳み傘の出番に。ガイドの丹羽さんが
「この降り方だと、運が良ければ樹幹流が見れるかも」
と言ってくださったので、実際に見られたときはうれしかったです。

雨なら雨の良さを教えてくれるのは、この遊歩道を知り尽くしたガイドさんだからこそ、ですね。

遊歩道にはかなり高低差があり、歩いたな、という満足感がありました。それになにより、ブナの森は中にいて気持ちいい!

ご多聞に漏れず、私も蔦にはまってしまいそうです。


お世話になったノースビレッジさんのホームページ
http://www.novi.jp/index.html



ところで受付時、

「ガイドの丹羽です、よろしくお願いします。あの、新郷村に水芭蕉を見に行ってましたよね?」

「・・・はい、行ってます」

「ブログに書かれましたよね、ノースビレッジで検索してて見つけたんです。あのとき会っているんですよ(笑)、どうも!お久しぶりです」

新郷村の水芭蕉は二回見に行っているので、インタビューされて東奥日報に載ったほうかな?と思ったら、ブログに「ノースビレッジはイケメンだ」とか好き勝手書いたときのことでした。

うわーっ!Σ( ̄□ ̄;) 
ブログ開始以来最大の冷や汗。



<後日の追記>
2013年2月1日をもって丹羽さんはノースビレッジを退職されたそうです。今後も奥入瀬でガイド活動をなさるそうですよ!がんばってください。


今回の旅程はこちらにございます。
1



2012/10/15  11:30

投稿者:hitomi

さきざわさん

それなら、良いのですが〜。"/(´▽`*)
あの、もしご気分を悪くされる記事がありましたら、
遠慮なくコメントで教えてくださいね。
これは違うと思いますって。

さて今回の旅行中、
「青森でどの季節が一番好きですか?」
と聞かれ、なんて難しい質問だ!と頭が真っ白になったのに、口が勝手に
「冬、ですね」
と。あ、そうなんだ私、と思い知っていました(笑)。

なんか、感動が濃くなる気がするのですよ。



2012/10/15  11:24

投稿者:hitomi

ポン太さん

ごめん(笑)、入れる入れる。
でもカメラオヤジども、でしょう?
他の人からも同じことを聞いて、
行ったら気分悪そうだな〜と思っているの。

ポン太さんも丹羽さんには、会っていますね。
一緒にいたから。

男の人だと作動しないメモリー(笑)?
その分きれいなお姉さんだと、いい仕事をするので
いいじゃ〜ないですか。(≧▽≦)ノ"

2012/10/14  22:31

投稿者:さぎさわ

疲れるとか気に障るとか、まったく無いです。
おもしろく読ませてもらっています。早く全部読みたいような、読んでしまうのがもったいないような。

青森ですが、冬に訪れるのが一番ではないかと、他の季節を知らないのに勝手に思っています。あの、圧倒的なまでの雪の量。迫力あります。
八戸ではたまたま「えんぶり」に当たり、散策する街中や一人入った居酒屋でその舞いを見ることができました。何かに揺さぶられ、涙が出るほど感激してしまいました。その他は三沢でドライブをして寺山修司の記念館に行ったり、青森駅で友人と待ち合わせて市場でのっけ丼を食べた後に酸ケ湯温泉へ行ったり。
あ〜、やっぱりまた行きたいや。行くとしたら来年1月か2月です。がんばります(笑)

2012/10/14  20:17

投稿者:ポン太

>高いカメラを買えて、家族の朝ごはんを作らなくていい人のカテゴリー

すみません安いカメラのカテゴリーも加えて下さい(笑)
でも1度見る価値はありますよ。カメラオヤジどもは気に入りませんがね。

丹羽さんってオラも会ってましたっけ?
男はいくらイケメンでもメモリーに残りませんから〜 (≧∇≦)/ ハハハ


http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/

2012/10/14  19:44

投稿者:hitomi

さきざわさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
古いころのから読んでくださって、ありがとうございます。
疲れませんか〜(汗)、私でも読むのイヤですもの。
前は本当に好き勝手に書いていましたので、
お気に障ることを書いてないと良いのですが・・・。
でもほめてくださって、うれしいです。

青森、いいですよね〜。
冬の青森も大好きです。ぜひ今年(来年?)も楽しんでください。
私もがんばります(笑)。


2012/10/14  14:12

投稿者:さぎさわ

はじめまして。

数日前に茎わかめのレシピを検索して辿り着いて以来、夢中になって読んでいます。
2005年の3月から、今は2006年の10月まで進みました。(仕事サボって読んでます(笑))
いや〜、おもしろいし考えさせられるし勉強にもなって、しかも写真もきれいだし、素敵なブログです!

青森はわたしも2度ほど旅をして以来、魅力を感じている所です。八重洲から夜行バスで一人で行ったのも一緒です。
職業がら長期の休みは真冬にしか取れないのですが、また行きたくなりました。参考にさせていただきます。

ノースビレッジのスタッフさん、確かにイケメンですね♪


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ