ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2012/7/21

なまミズ!  旅行

ミズ、大好きなんですよ〜。おいしいですよね!

視覚的になじみがあるのは、おしんこになってビニールパックに入っているものね。去年、ねぷたを見に弘前に行ったとき、駅に出ていたお店で買って、帰りの夜行バスの中に忘れてしまったと、ほろ苦い思い出とともに心にせまる、あの憧憬の緑色。

そういえば生きている姿に思いを馳せたことがありませんでした。

「hitomiさん、これ、ミズ」

クリックすると元のサイズで表示します

あっらー、繊細な味わいに反して、けっこうワイルドな見た目ね。

「これ?本当に?」

茎を見ると、

クリックすると元のサイズで表示します

「あ、本当だミズだ」って、ニイサンたちが嘘を教えるないじゃないか〜。ヽ(^ ^;)

またあった。これ、ミズ。

クリックすると元のサイズで表示します

うん、もう憶えたぞ。

でもね、奥入瀬では取ってはいけないんですって。

「ここなら大丈夫だよ、取っていけば?」

と言われたのはあの熊っぽいところですが、なんだか辺りの神々しさに、そんな取る?採る?盗る?なんて・・・と、腰が引けて取れませんでした。もったいないことをした(´・ω・`)。

生のミズ、なかなか買えないものね。

買うために新富町まで行って、せっせと作った顛末はこちら↓

http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/1605.html

うちから新富町、けっこう遠いんだよ。有楽町線だもの、小田急で東京まで行ってから地下鉄を2回乗り換えだよ。情熱、情熱。

今このときの記事を見ると、やっぱりビニールに入ったおしんこより、生から茹でたミズはおいしかったなぁ、と思い出す。あー、生えている時季に行っておきながら、スルーしてきたなんて。

ばっかでえ。


* ちょっと調べたところ、山菜の取り方にはこつがあって、次の年もちゃんと生えてくるよう、間引くような取り方をするべきだそうです。そういうコツがわからないから(ニイサンズは教えてくれたでしょうが)、やっぱり山菜取りをやったことのない私はビクビク。(´・ω・`)


今回の旅程は こちら にございます。
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ