ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2012/5/26

加害者家族  

クリックすると元のサイズで表示します

事件報道後、加害者の家族が追い込まれる状況を、NHKクローズアップ現代のディレクター氏が、放送しきれなかった情報をまとめた本である。

冒頭に出てくるケースは、夫が殺人事件を起こした妻への取材。任意同行が始まってからも夫は口を閉ざし続け、逮捕後の取調べ状況は当然知らされず、夫からは事件の理由を何一つ聞けないまま、エスカレートする周囲の非難に身の置き場のない思いをする妻の立場が痛いほど伝わってくる。

インターネット掲示板での攻撃は、第三章「インターネットの暴走」に詳しい。

「ネット特有の目を覆いたくなるような文字の羅列の中に、報道陣のフラッシュに照らされてうつむき加減に写っている両親の写真が掲載され、その暴露的な扱いに胸が悪くなるほどだった。」(125ページ)

日本では年間1,200件程の殺人事件が発生しているそうだが、そのすべてをネット・ユーザーが問題視しているとも思えない。取捨選択は何によるのだろうか。

事件や加害者について意見を述べるなら、最低でも裁判記録のすべてを通読するくらいの情報を、得てからにするべきである。そして実名・匿名を問わず、その行為をするなら、された苦しみも知っておく責任はある。

最近起こった有名芸能人の身内による生活保護受給問題も、すでに「胸の悪くなる」文言がどこかに羅列されていることだろう。しかし、生活保護受給者という完全に保護されなくてはいけない個人情報を漏らした人間は、またそれをブログ上で公開した国会議員は、責めを負わなくても良いものだろうか。

最終章では、犯罪加害者家族をとりまく諸外国の取り組みについて紹介されている。驚いたのは、アメリカの高校で起きた銃乱射事件で公表された個人情報から、加害少年の家族の元には全米からダンボール2箱分の手紙が届いたそうだが、それがすべて激励の内容だったということだ。

異端と目した相手のことを、自分と同じように傷つく心のある人間とは思えなくなる日本人の根底にあるのは、ムラ社会のウチ・ソト意識であろう。

この本によって、世論の暴走に乗らない、意識のブレーキを持つ人は増えていくことと思う。

幻冬舎新書 加害者家族
鈴木伸元 著


1



2012/5/27  9:10

投稿者:hitomi

OHAMAROさん

おほめいただき、ありがとうございます。m(_ _)m

オハマロさんも立場上、色々憤慨したくなることがあるかもしれませんね。

事実って、たとえ凶悪犯罪でも深い事情を知ると
致し方ない部分があるのでは?と、反応に迷う部分が出てきます。
ネット上の「炎上」に加担する人々は、興奮したい、
怒りたいがゆえに、情報をあえて遮断しているようにも見えるのです。

他人の不幸が自分の幸せのバロメーター、確かにそういう人はいますよね。
逆に他人の幸せで自分の不幸を感じたり。
そういう人に出会ったとき、いかに引きずられないか
(気分を害することなくやりすごすか)が、今のところ私の課題です。



2012/5/26  17:50

投稿者:OHAMARO

素敵な記事ですね。

何も知らない人が一事実だけを取り上げられた
マスコミの内容を信じ込む。

垂れ流しているマスコミは大きな責任がありますが
流した報道を元に戻って責任を果たしていく機能が
全くない。

また、日本人にも自分さえよければ、自分さえ綺麗であればという、なにか他人の不幸が自分の幸せのバロメ−タ−であるという部分を感じます。




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ