ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2011/9/11

宗教行事を観光資源に、ということ  音楽

はいたいぐーすーよー、ちゅーうがなびら
ちゅーや町田エイサー祭りやいびーん!

クリックすると元のサイズで表示します

私はエイサーに、安里屋ユンタやてぃんさぐぬ花をやっているのはずっと違和感があって。
うちの息子も小4の運動会で演舞をしました、安里屋ユンタ。
喜○昌吉の踊り隊にいたこともある人が指導に来てくれたとかで。
こっちの人間が、よその文化を真似しようとしたら本格派を目指すはずだし、
振り付けの完成度からして、沖縄の人から
「てぃんさぐぬ花、やりなさいねー」
と提案があったんだろうなあ。大らかというかテーゲーというか・・・、

と、半ば批判的な気持ちだったんだけど、昨日急にその解釈は違う!ということがわかった。

安里屋ユンタに違和感があって、町田のカリヨン広場で9月半ばにエイサーをやっているのは違和感ないのかい?おめえはよう、と。

そもそもは各村々で自分たちの先祖のために行われていた、大事なお盆の宗教行事。エイサーではない民謡を使わせることで、なんちゃってエイサーとの線引きを果たしていたのでしょうね。


沖縄は私の30代の思い出。私よりうーんと背の低い息子が、いつも一緒にくっついていた頃の。その年代は子育てが大変で自分の楽しみの空白期間となりがちだけど、私には沖縄があって良かった。楽しい思い出がたくさんあって幸せです。

いっぺーにふぇーでーびたん。


町田エイサー祭りは今日、9月11日までです。



1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ