ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2011/8/14

立佞武多の館  旅行

立佞武多の館には、今年と過去2年分の3体が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

2011年の新作「義経伝説 龍馬渡海」

実際のお祭りには及ばないけれど、ここの展示だと人が上までいって詳細に見られるところが、いいですよ。


クリックすると元のサイズで表示します

すごーい、この牙の細工!とか。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは2010年の新作。明治神宮にも来た「又鬼(またぎ)」ですね(全体の写真はこちらにあります)。うさちゃん、上から見てもかわいいし、よく写らなかったけどひげまであります!

クリックすると元のサイズで表示します

2009年の新作、夢幻破邪(むげんはじゃ)。パンフレットの写真と比べると、一部色が変わっています。貼り替えているのですね。

これ、街の中を通ったらすごいだろうなぁ・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

解体された立佞武多に貼られていた和紙を表紙にしたスタンプ帳が、受付で売られています。すべて柄が異なるので、選ぶのにだいぶ悩みましたが・・・、

クリックすると元のサイズで表示します

こんなかわいいのをひとつ購入♪

さわってみると、和紙が存外に薄いことに驚きます。障子紙よりちょっと薄いくらい。薄いから光がよく透けて美しいのでしょうが、それにしても大変だ。雨のときもあるし。

立佞武多の館
青森県五所川原市大町21−1

入場券の裏面によると、立佞武多は tachineputa と読むらしい。
そうなの!?(゜д゜ノ)ノ



クリックすると元のサイズで表示します

立ち寄り温泉に行く途中、所々道に貼られたレジャーシートが目に付きました。場所取りか、とわかったのは、だいぶ後になってから。



今回の旅程は こちらにございます。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ