ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2011/2/23

アソベの森 いわき荘  旅行

岩木山神社を出て、バス停1つ分歩くといわき荘という事前情報はあれども、次のバス停「百沢温泉」の周囲にそれらしい建物は見えず・・・。

自宅前の雪かきをしていた女性に道を聞いたところ、

「あ?いわき荘が?ここをまーっすぐ行くと右側に大きな看板があるはんで、そこを入って少し歩くと左側に見えてくるびょ」

親切にありがとうございました。(_ _)

あのね、東京では通りすがりの人に道を聞くって危険行為なんだよ。そういう土地で生まれ育ったから、旅先でも人に道を聞くのはけっこうビクビク。親切に教えてもらえると、「ありえねー」くらいうれしくなります。

クリックすると元のサイズで表示します

あった、あった。



クリックすると元のサイズで表示します 
照明がおしゃれなレストラン

いわき荘のホームページに載っている温泉&食事プラン2600円を利用しました。フロントでその旨を伝えると、

このプランは、
日帰り入浴500円 + いろどり定食2100円 + 貸タオルサービス

となっているので、タオルをお持ちなら食事は
クリックすると元のサイズで表示します (クリックで拡大)
別メニューもお選びいただけます、との説明をいただきました。

今回は色々食べたかったので↓いろどり定食で。
クリックすると元のサイズで表示します

これにプラス、りんごシャーベットとコーヒーが付きます。


残念ながら当然ながら浴場内の写真はないのですが、露天風呂の岩の上には鍾乳石のような堆積物が付いていました。育ちつつある不思議な形の鍾乳石を、湯に浸かりながら眺めるのって、鍾乳洞の中の水溜りではしたくてもできないことです。

露天風呂に浸かっていると、降ってくる雪が顔に当たるのが大変気持ちよく()、これぞ冬旅の醍醐味とぜいたくな気分。出たり入ったり休んだり、たっぷり1時間半の入浴!神社のお参りも相まって、おかげさまで普段の元気を取り戻すことができました。

帰路は、事前予約をしていた2時過ぎの無料シャトルバスで弘前駅前まで戻りました。


)同じ現象が、気持ちよかったり、服を着て外を歩いている時なら泣きそうにつらかったり不思議。


今回の旅の全体行程は、こちら
 
1




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ