ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/7/14

稲城フェスティバルの予定  ちょっとお出かけ

 浅田次郎の日輪の遺産は舞台が多摩南部であり、地名は知っているところばかりだし、登場人物は多摩の訛りでしゃべっているしで、楽しく読めました。

 しかし、ストーリー上一番重要な「多摩弾薬庫跡」は現在米軍施設となっており、年に一度の稲城フェスティバルのときにしか入れません。今年は絶対に行くぞ!と思っていました。フェスティバルのときも施設内はほとんど立ち入り禁止になっているそうですが、地形だけでもこの目で見られればファンとしてはうれしいものです。

第30回 稲城フェスティバル
平成22年7月25日(日) 10:30開場

<後日の追記>
行ってきました。→ http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/1987.html


 もう一つ、近くにあるのが田奈弾薬庫跡。こちらは現在「こどもの国」となって、中学・高校ともにマラソン大会ではお世話になりました。チビッコの遠足では定番です。

 私も小学生の頃にしばしば行きましたが、奥に進むとなにやら不可解で怖い雰囲気のものが色々ありました。今思えば軍施設の名残り。でも私が子供のころ(昭和40年代くらい)には、第二次世界大戦のことは
「見るな、語るな、知りたがるな」
という空気が今よりずっと強かったように思います。日本が被害者だったことばかりが強調され、加害者であったことを懸命に隠し忘れようとしていたと、今は思います。

 「日輪の遺産」を私に勧めてくれた人と弾薬庫跡はしごツアーに行くつもりですが、田奈の方も今はどの程度残っていることでしょうか。幼児を連れた家族連れでにぎわうこどもの国で、デジカメを持った怪しげな中年2人組がいたら、それは私たちです。σ(^o^;)

 いや、そこまでしたくなるほど、いい小説だったんだ!なんか、映画化されるみたいだね。小泉中尉は、野口先生は、誰がやるのかしら?見ようっと〜。


12日の夕焼け。息子が撮りました。
クリックすると元のサイズで表示します


↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ