ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/6/23

ここにも震災復興期の建物  ちょっとお出かけ

 林望著「東京珍景録)」は平成11年の発行、その頃熱心なファンだったので、間髪入れず購入していたはずです。でも一回読んで記憶の奥底に沈んでいました。

東京珍景録の78ページ「清澄幻影」の章に取り上げられている商店の並びです。
クリックすると元のサイズで表示します

 「つっまんない公園!」との感想を胸に清澄庭園を後にし、歩き始めたところ目の前に現れた景色に足を止めました。
「ああーっ、ここだ〜」
10年以上フリーズしていた記憶が浮かび上がり、清澄庭園のガッカリ感がチャラになるほどうれしかったのです。

 震災復興期に三菱が作った貸店舗兼住宅で、ここの家賃を隣接する清澄庭園の管理費用にあてたそうです。前面の壁上端の段々の模様が特徴的で、こんな庶民向け住宅さえも機能一辺倒のデザインにしなかったのは、その時代らしさと言えるでしょう。

 第二次世界大戦の空襲で木造部分は焼失したものの、残った前面を生かして再度建て直したとのことで、この時代の建物は見るからに重厚ですが、実際空襲にも負けなかったとは当時の技術者の腕に敬服するものです。


もう一つ、震災復興期の建物。
クリックすると元のサイズで表示します
 東京中央郵便局の旧局舎。前面を残して奥に高層ビルが建つそうです。今はまるで廃墟のようで、周りにピカピカの新しいビルが並んでいるだけに異様な景色です。こういう写真は、後々貴重になるかもしれません。



熱の冷めた頭で今読むと、もったいぶった文章がひどく読みづらいと感じます。
過去の自分にがっかりしながら、人は年をとっていく・・・の?


↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0



2010/6/24  18:02

投稿者:hitomi

reev21さん

もう、震災復興期の建物は東京の誇りだと思っているんです!
同潤会アパートも、いい雰囲気を出しますよね。
台東区ですか・・・、知りませんでした。
行ってみようかな。

まだまだボロい街の写真は下手ですが、
八戸の人たちをお手本に、がんばりたいと思います。


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/6/23  21:58

投稿者:reev21

こんばんわです。

東京は、建物にも多種多様な歴史や機能があって、そ
れを探訪するだけでも楽しいですね。
清澄庭園近くのものは知りませんでした。
同潤会アパートの一つが台東区にあります(記憶あや
ふや…)が、そこへ行くチャンスを逃してしまいまし
た。 機会があったらぜひ行ってみよう、と思ってい
ます。

http://reev21.blog98.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ