ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/6/20

まずいものを食べるということ  なるほど・・・

 2日前にグルメ記事の前置きとしてささっと書いた小泉教授の本は、実は私にとって強力なエポックメイキングとなりました。

 まずいものを食べた経験は、失敗でもなく恥でもなく、好めない私の力量不足でもないし、語るのを控えなければいけないものでもない、と目の前が明るく開けたのですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

 前に記事を書いた鶴川の蕎麦屋さんに、二度目チャレンジ。今回は「もり(塩)」で、そばつゆではなく塩で食べるんですって。左奥は、そば湯スープで、飲むものです。

 あらびき胡椒がかかっていたのは想定外。塩で食べるということで、魚の味にじゃまされない蕎麦の風味そのものを味わう料理ではないらしい。なんかやきそばみたい。さらに
「味が足りなかったら、こちらを使ってください」
と置かれたのはイタリアの岩塩。うーん、この料理は私の思い込みとの不一致でした。これが北海道のフロンティア・スピリッツなのかっ。


 おそばは、量が少なければ「食べたりない」という私にとって一番不幸な気分が残り、といって大盛りにすると、いくらおいしくても途中で単調な味に飽きます。

 そば粉の質、打ち方切り方茹で方、出汁の種類つゆの塩加減と、細かいポイントの究極を求めるほど、大局的な食の満足から遠ざかるものかもしれません。目の前に現存するのに、たゆたう手ごたえのなさを魅力と感じられない私は・・・、

おおっとっと、そういう考え方しないんだっけ。


えーと、今のところ私はわかりません。

で、いいや。


↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ