ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/5/28

ぜんまいとこしあぶら  グルメ・クッキング

 今日は町田で講習会がありました。作業安全・事故防止関係の講習で、聞くだけでイテー話しをたっぷり聞いてきましたさ。

 会場は「ぽっぽ町田」の地下会議室。終了後に1Fに入っている山形県のアンテナショップをのぞくと、

おほっ!あった、あった♪
クリックすると元のサイズで表示します
ゼンマイと、つい先月そういう山菜があると知ったばかりのコシアブラ。

去年はゼンマイのあく抜き用の木灰も売られていたのですが、今年は
「すみません、農家さんの都合で入荷しないんです。来週なら入ります」
とのことで、これまた先月教えてもらったばかりの知恵(フィールダーさんありがとう)により、ホームセンターで木灰を調達しました。

 ゼンマイは今晩アク抜きをします。コシアブラは料理の仕方がわからない、さて困った・・・と思っていたら、ちょうど遊びに来ていた妹が長野でも普通に食べると言うので、頼みました。天ぷらにしてくれるそうです。


↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0



2010/5/29  15:38

投稿者:hitomi

まちゃ〜さん

350円ですよ、きっと高いと思うでしょう。
この量でその値段ですもの、混ぜご飯にして、サラダ風にして、冷奴の彩りで、胡麻和えにして、汁物の具にしたらエンゲル係数うなぎのぼり!
クラクラします。

もしかして、この辺でもあるのかも、皆知らないだけかも。
結局ものぐさ妹は口を出しただけで、私が揚げたのですが、
根元に十字の切れ目を入れて、とか教えてくれたから、
そこはありがたかったのです。


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/5/29  15:35

投稿者:hitomi

ぐあっちさん

そ、そうですか・・・。そんなにたくさん採っても、
大丈夫な植物なんですか?なんですね?
なんだかその、ホーレンソーのように・・・。
ぜいたくな!!!

青森に行ったって、採りませんよ(笑)。
そんな難しいこと、イヤーできませんね〜。
ぐあっちさんが一緒にいてくれるなら、ともかく。

道の駅で売ってればラッキーだな、ぐらいです。


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/5/29  12:48

投稿者:まちゃ〜

こちらでは、もうとうに旬がすぎましたけど。
ことしもたっぷりいただきました。
コシアブラ。

たしかに天ぷらがおいしいけど
うちでも混ぜご飯にします
さっとゆでて、みじん切りして、塩をすこしきかせてほかほかごはんにまぜると、それはそれはよい香りのご飯が!

……下世話な質問ですけど。
こんなふうにパックに入って、おいくらぐらいで買えるんですか?

高いのかしらん。

2010/5/29  9:45

投稿者:ぐあっち

「油を使ったほうがいいと言い切」るあたりも、すごいですね(笑)
まあ、少し油を使っても・・・なんてね(笑)
青森あたりだと、今頃はどうなのかな?
山の中や、平地でも雑木林の中で採れるかな?
非常に判りやすい、見つけやすい木なんですよ。
そうそう、妹さんがおっしゃるように、新芽の軸(茎)の部分がもっと短い時期のほうが断然美味しいですよ。

刻んで冷奴に載せるとか、あんかけ豆腐の具の一つに加えるとか、汁物の具にしても美味しいです。
ゴマ和えも、絶品です!

2010/5/29  9:17

投稿者:hitomi

ぐあっちさん、ポン太さん

ちょ、ちょっとちょっと。(^∇^ )
山形の店の店員さんは、油を使ったほうがいいと
言い切っていたんですよ〜。
「ゆでて食べないこともないけど〜」
って。
なんだ色々楽しめるんじゃないですか。
じゃあまたチャレンジしてみよう。明日青森に行ったら、
どこかで買えるかな?

コシアブラの天ぷらも、おいしかったです。
でも妹は「こんなに大きくなったのは食べない」って
ぶつぶつ言っていましたね。


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/5/28  21:31

投稿者:ポン太

コシアブラは甘辛くサッと炒めて、
コシアブラご飯にして食べるのも美味しいですよ〜♪

http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/

2010/5/28  19:47

投稿者:ぐあっち

コシアブラは、私にとっての山菜御三家(笑)!
うちでは、さーっと湯通しして、マヨネを少々。
サラダ感覚でいただきます。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ