ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2010/5/24

旧新橋停車場  ちょっとお出かけ

 汐留の新しい大型ビル群が立ち並ぶ中で、異彩を放つ明治時代風の建物があります。

クリックすると元のサイズで表示します
 明治5年に開業した汐留駅(その後新橋に駅名変更)の外観を再現した建物です。本物は関東大震災で焼失しましたが、発掘調査ののち本物の土台部分の70cm上にこの建物は建てられています。

日本最初の鉄道は新橋〜横浜間、その新橋の始点です。
クリックすると元のサイズで表示します 0キロポスト(0マイルポスト?)
レールやホームも数十メートル再現されています。

クリックすると元のサイズで表示します
現在、2階と半地下は入場無料の博物館に、1階はビアホールとして使われています。

 なぜこの場所に駅を作ったかは不明だそうですよ。付近の住民は反対したし、当時の政府も陸運の中心となる駅を、こんな海のすぐそば(今より海岸線は内陸寄り)に作りたくはなかったそうで、
「大名屋敷跡のため、用地確保が容易だったためではないか」
と想像されるに留まっていました。

 後年、東京駅というかなり離れた駅が中心になったことや、新橋駅さえも別な所に設置されたところを見ると、ここに鉄道駅を置こうとしたお方、そうとう強引で多方面に恨みを買っての建設だったのでは???などと、想像しておりました。明治5年では、まだ新政府だってガタガタだったでしょうしね。

 古い建築物にはいろいろなことを考えさせられます。


↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0



2010/5/26  12:03

投稿者:hitomi

藤九郎さん

壬生義士伝を読んでから、もう南部びいきなんですよ。
強かったんでしょうね〜、てこずったんでしょうね〜、
なんたって筋が通ってるもの(と、思うのは偏り?)。

特にここは陸奥八戸南部藩と書いてありました。


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/5/25  20:26

投稿者:藤九郎

南部藩ゆかりの地だったんですね。
南部は佐幕、賊軍だったので、やっぱり・・・。
明治初期の混乱した状態が目に浮かぶようです。

http://blog.goo.ne.jp/mutuminato2007

2010/5/25  17:56

投稿者:hitomi

ポン太さん

そうですねー、まだまだ色々ありそうです。
来るときは声をかけてくださいね。
でも確かに、夏はやめておいたほうがいいと思いま〜す。



http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/5/24  22:14

投稿者:ポン太

東京はこういうネタの宝庫ですよね!
偶におのぼりさんで行きたいなぁ。
まあ寒冷地仕様の体には今からの季節は暑すぎて駄目だけどさ。

http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ