ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/ このブログはteacup終了に伴い、gooに引っ越ししました。 https://blog.goo.ne.jp/1yo1yo213

2010/3/11

せんべいでイタリアン 〜山海の幸とともに〜  アオモリなひととき

 まるごと青森のKuuさんからメール受信、都内レストランで行なわれる南部せんべい料理の試食会に参加願いたい、そして

「青森県食材を実際に召し上がっていただき、本県の各素材の可能性や関連情報、
効果的なPR戦略のアイディアや新たなコンテンツ開発のヒント等をいただければと・・・」。

 一瞬うれしくて舞い上がった心は、↑のくだりで頭をゴーンと打ち付け、迷いました。私ごときにそんな知恵があるか?と不安になりつつも、引きこもっちゃ何も始まらないのだと思い参加することに致しました。

クリックすると元のサイズで表示します
 人形町の駅を降りて、面接会場に向かうかのごとく緊張しつつ店に入りましたが、レストラン「La fenice」は白熱灯の光がとても暖かい雰囲気でした。


お料理にまいりましょう。

アペリティフ/青森県産ホットアップルサイダー、無農薬レモンとミントの香り、雪のせ
クリックすると元のサイズで表示します
軽く泡立てたクリームのねっとり感の下をくぐるように、さっぱりした暖かいりんご果汁が口に入ってきます。原宿で飲んだときより、ホットアップルサイダーがおしゃれをしてすっかり洗練された印象でした。

イタリア前菜の盛り合わせと、
生ハムとサラミ、自家製サーモンマリネ、シャモロックの自家製スモーク、青森県産帆立貝のサラダ、水牛モッツァレラのカプレーゼ、青森野菜のバーニャカウダ

クリックすると元のサイズで表示します
ハーブ類は大西ハーブ園のもの。やっと食べられました(^^)。売っている情報を得て足を運んでも、いつも見るのは「売り切れました」の文字ばかりだったので。

自家製てんぽせんべい
ゴマ・ドライイチジク・松の実
 
クリックすると元のサイズで表示します
てんぽせんべいは外側0.5mmくらいだけが固く、中はもっちりしたせんべいです。

南部せんべい(三戸タイプ)のブルスケッタ3種
シャモロックレバーペースト、八戸前沖銀鯖の青森にんにくソテーとタルタル

クリックすると元のサイズで表示します
一番手前の鯖のタルタルは、これまでサバに抱いていた印象を覆してしまう味でした。八戸のサバを知らずにサバを語ってはいけません。

南部せんべい(八戸タイプ)のピッツァ3種
マルゲリータ、青森りんごとゴルゴンゾーラ、あすなろ卵のビスマルク

クリックすると元のサイズで表示します
写真右側、運ばれたときは「青かびとりんご!?」と思わず声を上げてしまったのですが、カビ特有のつんとくる刺激をりんごが包んでいるようでした。チーズのコクをしっかり味わえます。

南部せんべい(三戸)のみみとシャモロック、青森野菜のミネストローネ
クリックすると元のサイズで表示します

南部せんべい(三戸)のラザニア2種
ボロネーゼソース

クリックすると元のサイズで表示します
八戸産ヤリイカと陸奥湾産帆立貝
クリックすると元のサイズで表示します
パスタは練ったもの、南部せんべいは練って焼いたもので、その違いは中の気泡です。気泡のためにソースのなじみがよく、食感は基本のアルデンテを踏襲しながら若干軽くなっていました。ラザニアは基本、南部せんべいにしたほうがいいんじゃないか?と思うほどの美味。

南部せんべい(八戸)を纏った奥入瀬ガーリックポークのコトレッタ
南部せんべいのピューレと南部せんべいのソースで

クリックすると元のサイズで表示します
横に添えられたふわふわした食感のせんべいピューレは、シェフのアイディアで
「せんべいを衣だけに使うより、もっとインパクトを(意訳)」
とお作りになったそうです。ピューレだけお椀に一杯分くらい食べたいほど気に入りました。

南部せんべい(三戸)で挟んだ自家製ジェラートの盛り合わせ
(フランボワーズ・バニラ・有機レモン)

クリックすると元のサイズで表示します

お料理は以上です。ごちそうさまでした。

 せんべいの後に括弧書きした「三戸タイプ」は厚さ3mm程度の軽い食感、「八戸タイプ」は4mm程度のしっかりした噛み応えがあるものです。三戸のせんべいは小山田煎餅店のものとのこと。東京では三戸タイプはまず手に入らないそうですが、同じテーブルだったぷるみえさんの
「三戸せんべいは家に常備したい」
のお言葉に、全く同感です。

   *    *    *    *    *

 今回ご一緒させていただいた皆様は(席次表左から)、
あなさんの美しき日々のあな様
東京のむのむ
馳走に屋号に意匠ありのまさぴ。様
バンド・オブ・トーキョー☆のロレンス様
お皿の中の小さな旅のぷるみえ様
Tokyo Diaryのromy様
激アツ!青森県十和田市産!ニンニクちゃんとニンニクわんこのてしこ様
icydog
築地市場を食べつくせ!の築地王様
ひるどき日本ランチ日記のtakapu様
Dramatic diaryの松田龍太郎様
と、青森県東京事務所のOAKさん、くどぱん!さん、本庁からKuuさんと、大雪に難儀しながらやっと到着してくださったノブちゃんさんです。

 またお目にかかる機会がありましたら、どうぞよろしくお願いします。

 七戸町出身の笑顔が素敵なシェフが作る青森県産食材のイタリアン、皆様もいかがですか?

クリックすると元のサイズで表示します
ラ・フェニーチェ
東京都中央区日本橋小舟町15-17 協栄ビル1F





↓押していただけるとスコアが上がります。どうもありがとう。
blogram投票ボタン
0



2010/3/16  18:11

投稿者:hitomi

kuuさん

お招きいただき、ありがとうございました。
そうですか、kuuさんでも初めて!
ラザニアはパスタよりおいしいですよね。
「ちぎょ〜しみっつ」なワザで柔らかくするのでしょうか。
こちらこそ、よろしくお願いします。

p.s. 同じテーブルの私以外、まあ飲む事飲む事!みなさんイケル口でしたね〜。


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/3/16  12:11

投稿者:Kuu@まるごと青森

今回もありがとうございました!!
青森県内でも色んなお料理にしているお店がありますが、ラザニアはお初!!
ラザニアは基本、せんべいにしたらというお言葉に深く同意!!
どこかのお店で出さないかしら♪

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

http://marugoto.exblog.jp/

2010/3/13  9:56

投稿者:hitomi

ポン太さん

いや〜(汗)、ない知恵しぼってます。勉強しないと。

私も初めてお会いするかたばかりで。
あまり東京の人のブログ見ないので、それもグルメブログは。
貧乏人だから、都会の人の華やかな外食日記とか見ていると、
え〜なんかちょっと、みじめになったりするもんで〜。 (´〜`;)


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/3/13  9:53

投稿者:hitomi

takapu様

あれっ?お礼の言葉ということは、主催者側でしたか?
お招きいただき、ありがとうございました。
私も三戸タイプは知りませんでした。
南部というとごついイメージがありますが、これには認識を覆されました!(笑)

奇数月に会っちゃいますか?
「奥さん」とご一緒にウフ♪できれば青森でお会いしたいですね〜。(´▽`)/



http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/3/13  8:21

投稿者:ポン太

ああ、なんだかhitomiの存在がどんどん遠くなっていくみたいな気がしてます。
なんたって青森県産食材評議委員?羨まし過ぎます。

にしても、まだまだ知らないブロガーさんが沢山居ますね。

http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/

2010/3/12  22:08

投稿者:takapu

御参加いただき、ありがとうございました。

南部せんべいに違いがあることを知らなかった自分ですが、今回のように食べ比べをすることで、明確に立ち位置が変わるんだなぁと、改めて感じた次第です。

夢は、やっぱりパスタでしょうかね。日本のパスタといえば“SENBEI”なんて感じになれば素敵ですよね。

1月にお会いして、3月にお会いして、次は…5月?(笑)また、よろしくお願いします。

http://hirudoki.hungry.jp

2010/3/12  14:30

投稿者:hitomi

ロレンス様

10日はお疲れさまでした。
隣でいろいろなお話を聞かせていただき、
楽しいひとときでした。

私は青森びいきなので、「これはウマイはず!」と
確信していましたとも!(笑)


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2010/3/11  22:44

投稿者:ロレンス

お疲れさまでしたー
宣言通りの高速アップですね!
おかげで助かります(笑)

タイトルを見た時はチョット不安だったけど
違和感なくおいしかったですよね!

http://lawrence.tokyobookmark.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ