ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/12/23

里芋の料理  グルメ・クッキング

 里芋は大雑把に言って、煮っころがし派と含め煮派に分かれると思います。久しぶりに作りました。にっころがし。

クリックすると元のサイズで表示します
 里芋の皮をむいたら水から火にかけて、一旦沸きあがったら茹でこぼし、もう一度水をひたひたに入れて、調味料をどぶどぶと加え、芋が柔らかくなるまで煮る、と。

クリックすると元のサイズで表示します
 調理時間が短いから、中は白いままなのがにっころがし。だから味付けは濃い目にします。里芋のぬめりが糸を引いて、みたらし団子みたいよね。和食のマナーでは刺し箸はいけないことになっているけれど、にっころがしは刺さなきゃ食べられないね、まず無理だね。

 にっころがしは奥さんも忙しく働いていて、食事の用意だけにそうそう時間をかけられない家の料理なんじゃなかろうか。ちょっとがさつな料理だけど、火を通す時間が短いから芋のうまみが立っていて、うまいと思うよ。

 祖母(父の母)はにっころがしが上手で、母の実家は含め煮の家でした。でも母方の祖母は嫁に出る娘に実家の味を教えなかったから、母は祖母の味を作れないの。

 私が数年間嫁だった家も含め煮派で、元姑はそれはそれは上手に芋を煮た人。私もかなーりがんばったけど、結局無理だったんだな。だいいち、含め煮を心の底からうまい!とは思わない・・・とは、今だから言えることだけど。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ