ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/6/24

ミズ料理  グルメ・クッキング

クリックすると元のサイズで表示します新富町の「青森の店」でミズを買ってきましたよ。
店頭に出ている白い発泡スチロールの箱に2束だけ出ていました。
あ、よかった。

鍋の大きさに合わせて切りまして、
クリックすると元のサイズで表示します
(包装材の新聞は東奥日報)

クリックすると元のサイズで表示します 茹でます。
 茹でてから皮をむきました。
 むいてから茹でるか、茹でてからむくか、
 店員さん同士でちょっと揉めていました。(^^)

クリックすると元のサイズで表示します
フキは皮を根元のほうからむきますが、ミズにはこのように節があるので、葉のほうからむいたほうがむきやすいです(ってね、東京の人間はそんなことも知らないんだよ?)。

クリックすると元のサイズで表示します 根元の赤い色まで抜けて、
 きれいな翡翠色に仕上がりました。


 
クリックすると元のサイズで表示します ミズの味はとてもあっさりしているので、 味付けのバリエーションは
豊富です。「青森らしく」を求めて、ねぶた漬けで和えてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

 シャリシャリした食感が、おいしいです。それにねぶた漬けも案外おいしいのネ?(笑)
私はまたてっきり「○っこうの○っこう漬(*)」みたいな、観光客用に体裁を整えただけの、どうしたら野菜をここまでまずくできるのだ?みたいなおみやげ品かと思っていました、ごめんなさい。

 ミズって下ごしらえが大変な山菜。
クリックすると元のサイズで表示します 皮をむくのが、フキよりうーんと大変。
 手先が器用で緻密で完璧主義で、根気がある東北の人向けだぁ〜。
 私なんか東北に嫁さ行ってたら、とてつもなく出来損ないの女って
 レッテルを貼られていたでしょう。


(*)一個目の○は「に」、二個目の○は「け」


0



2009/6/29  18:09

投稿者:hitomi

藤九郎さん

そうそう、そのきゅうりの和え物のことをタンさんから
聞いていて、それを作るつもりで「青森の店」で
買ったんですね。思いつきで横流し、というわけ。

両方作ったけど、きゅうりのほうがおいしいようです。
いいホテルだったみたいですね。
次に弘前に行ったときは、そこだ!


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2009/6/29  13:47

投稿者:藤九郎

ミズとねぶた漬け、これは意外!!
さっそくやってみなければ!!
この前写真展で弘前に行ったとき、ホテルでねぶた漬け(つがる漬け?)と刻んだキュウリを和えたのが出ました。
これも帰ってから早速真似しました。
皆さんいろいろアレンジしてるんですね。

http://blog.goo.ne.jp/mutuminato2007

2009/6/27  8:24

投稿者:hitomi

ポン太さん

干したニシン・・・。はぁ〜、そうなんですか。
おうちごとに色々な食べ方があるのですね。
そういうの、なくちゃいけないワ!
すべてをスタンダードに揃えちゃいけないのよ。
うん。(←激しく納得)

タケノコ(こっちだと孟宗竹)は、
「皮を剥いて、ゆでてからください」
という人がいます。ミズもきっと同じですね。


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2009/6/27  7:26

投稿者:ポン太

確かにミズは大変ですな。
いつも剥いたやつ貰ったりしてたのでオラも最近気が付きました(笑)
我が家では干したニシンと和えて醤油テイストで食べたりしてます。
作り方はおふくろに聞かないと判りませんが。
後は炒め物かな?

http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ