ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/4/18

奥多摩むかしみち  ちょっとお出かけ

 「奥多摩むかしみち」は青梅街道の旧道を整備したものです。JR奥多摩駅から奥多摩湖まで全長9.5kmを、約4時間かけて歩きました。ガイドブックには3時間40分と書いてありますが、写真を撮りながら寄り道しながらだったので、少し余計に時間がかかりました。途中で休憩を取るべきだったかな?と終わってから反省しました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここから始まります。同じ電車を降りた人たちと
「え?ここ〜?ホントにここ〜?」
とキョロキョロし、お互い相談し、半納得で歩き始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
 むかしみちはバスが運行(1時間に1〜2本)している新街道と平行しているので、バスと組み合わせて体力に合わせた楽しみかたもできるようです。9.5kmのうち最初の7kmは、ほとんど平坦で、最後に1kmで200m上がる素敵なクライマックスが用意されているコースです。
クリックすると元のサイズで表示します
 だから写真撮影のためなど渓流のきれいな景色が目的の方は、最後の急な上り坂を割愛することもできます(写真は道所橋からの眺め、下を流れているのは多摩川)。でも上り坂フリークの私には、最後の上りがヨカッタなあ!

 ペース配分ができていない山歩き初心者の私、上りきったときは両手を両膝に置いて、地面を見つめてゼーゼー呼吸しながら、
「友達を無理に誘わなくてヨカッタ〜〜〜」
と思っていました。

 そんなつらい思いをして、やっと見えた奥多摩湖(小河内ダム)は、感動的にきれいでした。一度、車で奥多摩湖に行ったことがあるけれど、そのときは「なんということもない、ただのダムだな」という印象でした。楽をすると感性が鈍ります。
クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらは標高420m 付近
クリックすると元のサイズで表示します

↓こちらは標高600m付近から見た景色。少し季節が戻ったような色です。
クリックすると元のサイズで表示します

 山は新緑の季節、冬に行ったらこの淡い緑色の部分が全部茶色?と想像すると、つまらない景色ですね(^^)。秋の紅葉のときも、このように様々な色合いで「錦織り成す」山肌が見られることでしょう。また行こうっと!

今週一週間、奥多摩ネタで引っ張ります。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ