ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/4/17

ヤドリギ  なるほど・・・

クリックすると元のサイズで表示します
 撮影日2月19日と、ちょっと前の写真です。電気屋ですが装柱設備を撮影したわけではありません(こういうの電力会社によって微妙に違っているので、旅行先でもそういう目で見るとちょっとおもしろい)。その向こうのマリモ、ではなくヤドリギを撮りました。

 アップが2ヶ月後になったのは、「なんだこれ?」の疑問をほうっておいたから。

 ウィキペディアによると、ヤドリギはビャクダン目ビャクダン科・オオバヤドリギ科・ミソデンドロン科(難!)の寄生植物の総称なんだそうです。「科」はともかく「目」が出てくると専門的だね!

 寄生するとは言え、光合成は自分でするし宿主を枯らすでもないそうよ。これの実は鳥のエサになり、枝は鳥の住みかになって、視点を変えれば価値あるものなんだそう。

 写真の宿られているケヤキは、神社の境内に生えているものです。神社の木は度量が広いのかっ!?私もちゃんと調べるまでは気持悪い思いで見ていましたが、今後はそんな気分になることもなく眺められます。ヨカッタ、ヨカッタ。

 一度間近でまじまじ見てみたい。
0



2009/4/20  17:51

投稿者:hitomi

tengtian60さん

メールありがとうございました。
近くでまじまじ見られました。(^^)
水芭蕉はリーブさんの記事より、だいぶ咲いていましたね。
ちょうどいいのかなあ?お天気はどうだろう??


http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2009/4/20  9:12

投稿者:tengtian60

おはようございます!^^

いろいろなものが有ると思いますが・・
数年前に撮影したモノをメールに添付して見ますね。^^
水芭蕉、下見してきました。(^_-)-☆^^

http://fujita655.exblog.jp/

2009/4/19  22:07

投稿者:hitomi

ポン太さん

ヤドリギは芸術的な造形ですよね。
そんなによくあるものなのですか。
アレー、じゃあ来週は木の上を一生懸命眺めようっと。
寒さに強い木なんですね。へーっ。

こうしてコメントをいただくて、
この記事を書いてみて良かった!と思えます。

http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2009/4/19  22:03

投稿者:hitomi

青森太郎さん

青森では多いんですか( ̄∇ ̄; !!

そうそう、○ン○で増えるそうですが、
頑として寄生を阻止する木もあるでしょう。
青森の木は度量が広いのかっ!?

エー、じゃあ球形の樹氷・・・???

http://fine.ap.teacup.com/1yo1yo2/

2009/4/19  19:26

投稿者:ポン太

オラも随分あちこちに鳥の巣があるもんだと思ってたんですが、
いつだったかテレビを見てその正体が判りました。
確かにここら辺ではよく見かけるもんです。

http://plusalpha2008.blog28.fc2.com/

2009/4/18  0:02

投稿者:青森太郎

これ、青森のそこらじゅうで見れます。
特に山の方へ行くとヤドリギだらけ。

鳥さんの○ン○が枝にくっついて、その中の種が発芽して
寄生してしまったんですね。

スキー場のリフトからも良く見えますよ(笑)。

http://blog.livedoor.jp/otani_arc/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ