ご来訪ありがとうございます。当ブログ管理人は引き続き別ブログを更新しております。よろしければそちらもご覧ください。 「hitomiのたから箱 」http://1yo1yo2haiku.blog16.fc2.com/

2009/1/21

八戸あさぐる  旅行

旅行を思い立ったとき、まず考えるのは宿泊地です。青森県広いもので、サテどこに泊まるか・・・。

旅行と言えば大きなお風呂で非日常を楽しみたい。
でも都市部のシティホテルの、移動の便利さ・グルメの楽しみもあきらめがたい。

八戸に泊まれば便利だけど、シティホテルには大きなお風呂がないからね〜・・・と、迷う私のため(?)の素敵な企画、「八戸あさぐる」。
http://www.hachinohe-cb.jp/pdf/asaguru.pdf

協賛ホテルに宿泊していれば、タクシーの送迎で銭湯に行けて、お土産付きで千円。
(12月までだったら朝市に寄るプランもあったようですが、今はお風呂だけですネ)

クリックすると元のサイズで表示します
5つの参加銭湯の中から、私はホテルから一番近いニュー朝日湯さんを選びました。

銭湯と言っても、
・42℃の湯
・44℃の湯
・ブラックシリカ入り半身浴の湯
・座る岩盤浴(女性だけらしい・タクシーの運転手さんの話)
・お湯に入るとビリビリ来る電気風呂
・高温サウナ
とあり、お風呂だけなら東京近郊の健康ランドと変わらぬ充実ぶりです。

 私は半身浴の湯が気に入りました。体育座りをすると膝が出るくらいの浴槽に、ブラックシリカ入りの木箱が5個(確か)入っています。お湯は38℃ぐらい、熱いとも冷たいとも思わない温度ですが、入って5分ほどで汗がダーッと出てきます。サウナで汗を出すと心拍が上がって疲労感を覚えますが、この風呂だともう!ただただほんわりアルファー波〜〜。

 おかげさまで、今回の旅行は疲れるどころか疲労回復になった次第でした。

クリックすると元のサイズで表示します
 おみやげは銭湯セット。ふのりシャンプー・ふのり石鹸とタオル、バッグのセットです。このバッグが欲しくて「どんなに眠くても絶対利用しよう!」と思ったのでした。日本語の文字を使ったデザインがかっこいいと思います。バッグは今後もエコバッグとして使います。

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ