フォロフィリ治療12クール突入  

今日はCTなので朝は何も食えず。

8時半に着くように出かけて10分前到着。

番号札18番。

前回は4番。

30分の差はデカかった。血液検査に向かうと既に10人近い人。

でも9時前に終えられた。

ここまでは良かったが総合受付に行くと皮膚科かCTで迷っている。
診察が9時半予定なんだが血液検査の結果は恐らく10時になるだろう。
その間に皮膚科とCTに出来たら行きたい。
でもCTが10時15分になっていたのは恐らく予約の順番でそうなったと思っていた。
「CTは空いてると思うので聞いてみてください」
行ってみたらやはり「この時間でないと」と言われてもう1度総合へ行き、皮膚科で待つことに。
こちらは早く呼ばれる。
「薬が効きました」という話をして継続してくださいと。
ここから診察だと思ったら看護師が「CTへ」と。
「いや、診察のほうが早く出来ますよ」
早くしないと投与が遅くなるから俺は勘でそう勧めたのに「いえCTで」
案の定、嫌というほど待たされて10時15分過ぎ。
CT終わりが40分くらい。
どうせCTの結果は次回になるんだから診察を先にしたほうが利口だったよ。
「使えねーな!」
朝飯抜きは機嫌が悪い。
んで診察の2番の部屋がある廊下へ行くとズラリ6番の部屋まで並んだ椅子が埋まっている。
「ホラ見ろ!」
と益々イライラ。
ようやく呼ばれたのは11時くらいだったか。
数値的には変わってなかった。
一番心配の炎症の数値も高いままでちょっと低くなった程度。
ほかは良好だが「次回の投与で一旦休みたい」と言われた。
1ヶ月ほど。

「抗がん剤の副作用はあまり続けると戻らなくなるので」

というのが理由。
手足の痺れとかはないけど痺れなんかは戻らないって言うよね。

ん〜

ホント?

先生は信頼している。でも過信してない。
一回疑うことにしている。

例えば、フォロフォックスに移すために布石とか。
ほかに考えがありそう。


CTの詳細結果は案の定次回だったが、さらっと見た感想は言ってくれた。

死滅したがん細胞の影が前に見たよりも大きくなったような気はした。

でも正直それぐらいかな。

「効いてはいるんですね?」と問いかけても、効いてない事はなさそうだが歯切れは悪い。

そういうのも含めて薬を変えるのかな?という気がする。



ま、でも休めるのは良いんじゃないかなー。

劇薬を投与しているのだから。

この機会だからさ、「免疫療法」っての?

薬やめて生活習慣だけでやってる人達の真似してみようかな。

そんで数値変わったら「そのまま止めるか?」なんて方向性も出てくるかもしれない。


ただ、大変だけどね。

野菜中心に余計なものを食わない生活。

俺の場合、ある程度は食べるけど。

サプリと食事と温熱療法で。



いつもより帰りが遅くなった。

奥さんは夜勤。

これは…

じゃんぼのお好み焼きor焼きそば

ゆで太郎のざるそば

どちらか激しく迷ってから味源で醤油ラーメンを食べました(笑)

そんでロールケーキ食べた。

食事療法は明日から!!



【我が食生活】

「朝」
なし

「昼」
投与中にソイジョイとCCレモン

「夜」
味減で醤油ラーメンと半ライス
ロールケーキ
コカコーラ+
カットフルーツ

「その他」
ブレンド茶(有機緑茶+よもぎ茶+柿の葉茶)
有機麦茶
サプリメント(ファイトケミカル、カルシウム、ビフィズス、DHA×EPA、マカ+無臭にんにく、亜鉛、カキニクエキス、ビタミンE、大豆+カルチニン+リポ酸)

1



2017/7/2  7:18

投稿者:佐藤豪

匿名さま>

コメントありがとうございますm(_ _)m

現時点ではそこまで本格的にと考えてはおらず、文面通りあくまで投与が休みなら他の事に気をつけようという軽い感覚ですね。
何が当たって何が外れるのか分かりませんので、自分で勝手にやってるだけという感じです。
確かになんでも切る病院とかあるらしいですが、切っても再発したら同じなんで切るよりも今は体調も良いので共存する方向を探りたいですね。
セカンドオピニオンは死にそうになったら考えます(笑)

2017/7/2  4:43

投稿者:匿名

病院お疲れさまです。
免疫療法はとても危険です。

肝胆膵はとても手術が難しく、病院や医者の技術がないとできません。
そのため、この病院(医者)は切れるけど、この病院(医者)は無理というのがあります。
免疫療法〜となる前に、肝臓の外科で有名な病院にセカンドオピニオンをおすすめします。

快復を心よりお祈り申し上げます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ