フォルフィリ治療第5ターン初日  日常

いつもクールじゃなくターンと書くのはゲームでよく使うターン。

点滴受けてるときはオレ側の攻め
普段は癌細胞の攻め

点滴受けてるときは効いてくれとイメージし、普段は食事で防御する感じ。



しかし昨日はメイクし難かったな。
普段の艶肌と違い、カサカサで血混じり。

爪といい
副作用が思わぬ弊害を生む。

でも一般的な酷さまでは行かず、俺の丈夫さも伺える。

先生曰わく今日の血液検査も問題なく、数値的にも副作用は見られず、予定通り投与開始、次回からは通院となった。

こんな感じで癌細胞にも効いていてくれと願うばかり。



しかし
入院に関しては、入院して保険金が降りた方が得なのか、通院にした方が得なのかが微妙な所。

ガン保険の細かい規定も正確には把握していない。

奥さん曰わく
フォルフィリじゃなくフォルフォックスだと値段が倍近く高くなるから
あるいは入院が得策かも知れん。

このまま進展がないとフォルフォックスになる。


ズバッと効いて欲しいものだ。




んね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


最後にお母さんに添付して送ったら「お父さんに似てる」と言われたらしい画像でお別れします。


クリックすると元のサイズで表示します
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ