2018/6/18

アフター系の行方。。。  西湖


 昨日季節外れの冷え込みに見舞われた

 西湖に出かけてきましたので報告します。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 到着時の気温が10度と思わず冬物の

 フリースをアウターの下に着こんでしまう程の

 冷え込みにビックリ!


 浩一君に聞くと前日の土曜日は日中でも

 こんな感じだったようで。。。。。



 水温から10度近い気温差で状況の変化は免れない

 スタート前の憂鬱な朝となりました。。。


クリックすると元のサイズで表示します



 湖畔に降りると予想通り

 湖の湖面には生命感は無く。。。


 ショアラインのボトムに張り付く

 ゴリ系のベイトの姿も少なくて

 その様相はディープにすべて落ち込んだ

 10月の西湖のようでしたw


クリックすると元のサイズで表示します



 早速ボートを出してみると

 相変わらずディープフラットには豊富な

 ワカサギが存在し

 水の中は陸上と違い賑やかなご様子w



 とりあえずアフター系の回復具合を探るべく

 沖のブイをチェックしましたが、

 反応は無く、その先の行先の長崎まで来ましたので

 沖でボブルヘッド70Fでチェックすると

 一投目からバイトがあり、その後もチェイスがありましたが

 乗せられるような深いバイトは得られず、


 恐らくは数少ないこのレンジを徘徊する天才君相手には

 ちょいと風も少ない感じでしたので。。。


 THバズでフライガードの反応をチェックしながら南岸を

 ランガンしましたが、先週末に比べても

 ショアライン沿いの生命感が薄く。。。。


 ベッドも空が多く、この寒さで

 シャローエリアのバスのポジションを著しく

 落とした感じでしたね。。。。。

 しかしながら中途半端に表層系に

 チェイスしてくるワケワカメな状況にも

 足を引っ張られw


 いろいろ試しているうちに

 時間は10時近くなってしまい。。。。。


 日も出てきて水温が上がったのか

 シャローに俄然生命感が出始めたのが

 この地合いで、


 駒形のちょい沖をレンジを上げて回遊する黒い影に

 ヨロピク65Fのピクピクモードでバイトを得てから

 ショーキ岩周辺でフィーデングをしていた

 子バス君をやっとこさでゲットw




 クリックすると元のサイズで表示します

 サイズはあれですけど

 このレンジ勝負では自分的にこれが精いっぱいでしたので

 これはこれで嬉しかったのと、

 この日はこのレンジでの釣りを諦めるきっかけとなり。。。


 アフター系の行方を追う事にしました。。。。



 西湖のアフターと言えばブイやロープ、もしくは

 ノッコミで岸近くを浮遊するヘラボール、

 所謂フローティングストラクチャーや縦ストに

 依存するのが定番ですが、最近西湖を釣りをされた方は

 お分かりでしょうが、今年の今の西湖

 これら目に見えるレンジのストラクチャーに

 ホント、バスが付いておらず・・・・・



 例年通りに釣りをしていると真面目にNBNFが当たり前な

 恐ろしい状況下にあるのが今の西湖です。。。


 では何故にこのストラクチャー絡みに

 魚がついていないというのは、まずはこのレンジに

 ベイトフィッシュが居ないという事で。。。。


 人間に例えれば徹夜の二日酔いで仕事が終わり帰宅w

 一番楽に寄り添える場所で手に届くところに

 食べやすい食事があるのが立場を入れ替えれば

 分り易いと思われますがw



 やはりキーとなるのはストラクチャー+ベイトという事で

 デッドベイトが皆無な今年の西湖では

 レンジの浅いブイやロープ絡みは食べ物にありつけない

 さもしい場所なようです。。。。



 という事でベイトがニアブレイクなエリアで

 更に捕まえやすい甲殻類を絡めると

 ウィードのアウトサイドの6mブレイクがある

 長崎〜ショーキ岩のワンド周辺を

 1/2のフットボールに今話題のポルコブラックの

 ロングをセットしスローフォールでウィードのアウトサイドを
 
 チェックする事にしてみました。。。。



クリックすると元のサイズで表示します
フルレンジの81Lも絶好調ですw



クリックすると元のサイズで表示します
ウィードのアウトサイドのちょい沖にはこんな映像が(汗)



 やはりミドルレンジ〜ディープの縦スト+豊富なベイト。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 ジグの重みが一瞬消えた心地よいバイトの

 1800さんが反応してくれました。。。。



 このスポットにはまだまだバスがストックされていましたが

 なんせこの大きなジグですのでw

 更にフィネスなスモラバのウィード引掛けシェイクや

 ドロップショットなんかでスローに探れば

 本当の答え合わせになりそうでしたね。。。。



 そんな感じで縦スト+ベイトをキーに

 他のエリアを探る事に。。。。


 縦ストをウィードから溶岩の垂直岩盤にフレーズを変え。。

 和田島から入りましたが

 溶岩帯のシャローエリアは更に生命感が少なく

 スポーニングベッドは自分的に一つも見つけられず

 バスの姿もほぼない状況でした。。。。。


 その代りにミドルレンジでのベイトの寄せは良好で、

 フットボールのダウンヒルで探ると、


 和田島の定番の9mの垂直岩盤で

 例の重みが消える気持ちの良いバイトが。。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 1500程度でサイズダウンしてしまいましたが

 アフター系でしたので致し方ないですねw


クリックすると元のサイズで表示します




 アフター系の攻略にちょいと希望が見え始めましたので

 午前中の部はこれで終えて


 午後の部に入りましたがこのタイミングから

 西風が吹き始め、俄然盛り上がってきましたが

 雲も出始めて気温が上がらず、朝の服装に逆戻りの

 状況に嫌な予感がしましたが。。。。。



 クリックすると元のサイズで表示します


 水面の泡も消えず、

 せっかく水温を上げてくれたネガティブなはずの

 晴天無風が恋しくなるほどの悪条件に。。。。



 

 クリックすると元のサイズで表示します


 午前中の短時間に得た

 アフター系のバスのバイトも消えてしまい。。。


 クリックすると元のサイズで表示します

 表層系の反応も皆無の無情の西風となってしまいました・・・・




 いろいろと寒い一日でしたが、

 この冷え込みも底を打つようで

 今週は暖かい雨が降り、一気にシャローは

 第2陣3陣が上がるはずですが。。。。



 体力回復第一のアフター系が頼りにする

 大半のワカサギのレンジはディープから

 そうそう離れる事は無いはずですので。。。。。


 恐らくは今年の後半戦までこの傾向は

 続く感じがしますね。。。。。。




 



 
2

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ