2018/5/6

GWいよいよミッドスポーンへ。。。  西湖


 

 ご無沙汰しております。。

 一か月半ぶりの更新になりますw


 新年度が始まってから家の事情が

 週末に目白押しで、釣りどころではなく

 4月は大きなトーナメントが

 開催されていたりしていたので

 ちょうど良かったのかもしれませんがw

 やっとの事で解放されたGW、

 4月の後半に恒例の野尻湖の解禁に

 出かけてきましたが、

 この釣行記は後日アップという事で

 昨日久しぶりに出かけた西湖の様子を

 先にアップしてみます。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 この日は寒気が南下して

 気圧が不安定で各地で落雷や大雨など

 荒れた日の翌日でかなり冷え込み朝の気温は

 1度と。。。まぁ下界でいう真冬の朝でしたね。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 前回の釣行から一か月半という事で時系列を飛ばせば

 水温からしてミッドスポーン直前のタイミングで

 食い渋りのネガティブな状況を頭をよぎります。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 足しげく通うスーパーロコさんの情報も小耳に

 挟んでおりましたが、今年の西湖

 浅いレンジに見られる

 ワカサギの数が少なく

 あまり浮いている個体も見られないという事で。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 浅いレンジの季節の進行に比べ

 ディープレンジの進行が若干遅れているようです。。。

 深いレンジや10〜20mラインにはそれなりに

 居るので、解禁当初から懸念していた

 寒かった今年の冬の影響か

 深いレンジの水温が低いのかもしれませんね。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 そんな感じで季節の進行が速いであろう東エリアへ向かう

 坂下方面からスタート。。


 冷え込んで無風だった前の晩の予想通りに

 湖面はこの時期恒例の黄色い花粉と

 泡が浮いて、表層系に関しては

 かなり分が悪い感じでしたね。。。。。


 とりあえずシンキングボブルヘッドの

 直下のI字形で面のチェックるをするも

 生命感は薄く。。。いまだに沖にポジションを置く

 ヘラボールにもバスらしい姿は見られませんでしたね。。。



 そんな感じで前浜エリアに入りましたが

 こちらは

 最奥部にワカサギが入りかなり雰囲気が良い感じで。。






クリックすると元のサイズで表示します


 他のエリアよりも季節の進行が速いように感じました。。。


 とりあえず浅いレンジのI字形の反応が無いので

 シャッドとクランクで

 少し深いレンジをチェックしてみる事に。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 このエリアでも漂う系のワカサギの姿は全く見えられず。。


 (早朝の静かな湖面をボートを進めると

  ボートに驚いて逃げ惑うワカサギの

  波紋が今時期の西湖の見慣れた光景ですが。。)



クリックすると元のサイズで表示します



 ソウルシャッド62DDRをブレイクラインの下を

 平行にボトムノックさせ、草(ウィードw)の

 新芽が生えているなぁ〜なんて思っていた場所で

 バイトがあり。。。幸先がいいと

 慎重にやり取りして


クリックすると元のサイズで表示します


 40センチちょいの子バス君が早速遊んでくれましたw



 目に見えるレンジは何らかの状況でバスが嫌がるのか

 ブレイクの下の2.5〜3mラインのハードマテリアルに

 生える草に

 何らかの付く要因があると仮定して。。。



 最近公表されて一般的になってしまったww

 グリマーのファーストシンキングチューンの

 ボトストを試すと。。。やはり草の生えた場所で

 小さなバイトが数回あり。。。


 諦めずに試していると。。。。




 クリックすると元のサイズで表示します


 長さの割に1600もあってサイズアップに成功w

 その後もショートバイトに悩まされましたが・・・

 (おそらくはスポーン直前の食い渋り。。)


 腱鞘炎になる位のシェイクの見返りにww



クリックすると元のサイズで表示します

 48の1800と更にサイズアップに成功w


 前情報の厳しい状況でしたので、

 これで十分でしょうと、少し楽をしようと

 シャッドのボトムノックに戻しましたが

 やはり苦労しないと今の西湖は振り向いてくれないらしくw


 反応が無くなりました。。。。


 太陽が昇り始めると朝の時点で気づいていた

 前浜最奥部のワカサギの群れ付近が賑やかになり始め。。


 様子を見に行くと、45〜50クラスのスクールが

 水深30センチ程度のレンジに差し込み始めたので

 この時期名物のw

 ボブルヘッド90Fのピクピクモードで

 ヨコヨコ逃走アクションを試すと。。。。




 

 クリックすると元のサイズで表示します



 キャンプ客のギャラリーの前で無事ゲット!


 したもののかっこつけてハンドランディングしたら

 フイに暴れたバス君に右手の中指にフック2本が刺さり・・


 2本とも返しまで入っていましたが

 ギャラリーに気づかれないように涼しい顔して

 一気に抜いたところ、大量出血に見舞われる

 大惨事にw


 まぁ傷口は小さいので大した事はありませんでしたが

 普通の人ですと返しまで入ったら自力で抜く事は困難で。。

 非常に面倒な事になりますので、


 皆さんも釣り上げたバスの扱いには

 くれぐれも注意して下さいね。。




 その後は、釣り上げたシーンを見て

 ショアアングラーや他のボートが入り

 パラダイスは一瞬で終了(泣)




 とりあえず数も釣り上げたので

 最後はサイズだろうと向浜のポンプ小屋内側の

 ワンドと残りのほぼ一日を心中してやろうと決めw


 色々試しましたが、

 日が高くなるにつれ魚からの反応は薄くなり。。。。


 一度離れてナデルのクランキングで

 シャローレンジを流して行くと


 湖面から鈍く光る光がそこら中で見られ・・・


 陽気に誘われ、湖の中は

 一気に恋愛モードに入ってしまったらしいw


 その内に

 向浜のボートポジションの下でもうねり始め。。。


 立場を自分に置き換えれば、

 この状況も良く理解できるわけでww


 午後の部は殆どをお喋りで

 休日のひと時を過ごす事になりましたw



 そんなミッドスポーン突入の西湖でしたが

 生んだ後のメスはタイミングは短いですが

 表層に反応する事が多く


 大型のバスの一発狙いの

 チャンスが結構あり、

 ベイトのレンジがごく浅い所にあるので

 これからのプリスポーナーがショアラインで

 捕食したりする

 フィーディング狙いの釣りも楽しめるので

 いよいよ自分的に好きな

 動の釣りのシーズンになりますw



 若干狙い目が絞りにくい3〜4月のプリスポーナーに比べ

 探す楽しみは少し減りますが

 絞りやすいので釣りに集中したい方は

 そろそろ本格的な釣りの準備をお忘れなくw







 
3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ