2017/5/16

ジョイントリトルゾーイ。。。。。  THタックル製品



 奇跡の3日連続更新です(笑)



 久しぶりに落ち着いたウィークディも手伝い

 ネタもため込んでいたので

 勢いがあるうちにと、帰宅後に早速PCを開いて

 頑張ってみますw



 そんな感じの今宵のネタは

 今月初めにリリースされたTHTの新作ギルルアー

 ジョイントリトルゾーイのご紹介です。。。。。




クリックすると元のサイズで表示します


 Joint Little Zoe

 
  全長 81mm

  重量 17g

  
    スローシンキング





 最近じわりじわりと人気が出始めているという

 ジョイントゾーイのダウンサイジング版の登場です。。。


  



クリックすると元のサイズで表示します
上:ジョイントゾーイ 下:ジョイントリトルゾーイ


 サイズ的にはご覧の通りオリジナルと比べると

 一回りコンパクトに収まり、通常のMLクラスのベイトタックルでも

 十分取回せるビッグベイトに躊躇されているアングラーにも

 お奨めできるサイズ感は

 食い渋るハイプレッシャーエリアでの使用でも出番が多そうな

 感じがしますね。。。。



 実際ゾーイのダウンサイズ版のリトルゾーイも

 某フィールドでは大人気らしく、

 人気カラーの在庫を自分に問い合わせてくる

 熱心なアングラーもいる程ですw



 クリックすると元のサイズで表示します



 J.L.Z(名前が長いので省略w)ですが

 リトルゾーイと同様にフロントフックの前方に

 小型のブレードを装着し、単調なI字形のスイミングに

 ブレードの微振動をボディ側に伝え。。。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 昨日ナデル155の記事でもお伝えした

 本物から型取った歪な凸凹ボディが

 微振動で不規則なフラッシングを出す効果があり。。


クリックすると元のサイズで表示します


 このJ.L.Zにもこの視覚的にも効果的な

 ブレードセットが採用されているのが嬉しい所です。。




 リトルゾーイに関してはデットスロー領域から

 高速リトリーブまで安定したI字形のスイミング姿勢を取り

 某フィールドでは 一時期高速I字引きの

 代名詞にもなったりもしていたそうですw



 それに対し今回リリースされたJ.L.Zは低速領域では

 I字形のスイミング姿勢と取り、

 リトリーブスピードを上げていくとS字形のアクションに

 変化するという、自分的に提唱していたw

 初代ギルギルのリトリーブによるアクション変化を

 更に煮詰めた設定になっております。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 この点は先に発売されているジョイントゾーイの

 特性を受け継いでおり、

 こちらを使われている方は

 コントロールしやすいと思いますが。。


 J.L.Zは
 
 ボディが小さいゆえに、若干シンキングスピードが

 早くなっているのと S字アクションもハイピッチで

 タイト寄りにセットされており

 かなりの早巻きでも水面から

 飛び出すことなく、破綻しない軌道を取る事に

 グリグリメソッドにも十分対応できそうです。。。


 

 クリックすると元のサイズで表示します
I字形からS字形のアクション変化の瞬間にバイトした
教科書的な釣れ方をしてくれたバス君w



 ジョイントボディですので

 リトリーブの変化やロッドアクションで

 ルアーを操作する領域も広がり、タメを作った

 トゥィッチで反転させるメンチキルアクションも

 出来たりもする操作性が

 操る楽しさも持ち合わせている所も嬉しい部分ですw



 そろそろフィールドにもギルの姿が見え始め

 本格的なギルパターンの季節になってきました。。。


 他にないアクション変化のダウンサイジングモデルは

 野池などの小規模エリアできっと活躍してくれるはずです。。

 (もちろん工夫すればメジャーフィールドでもw)


 私も今年は少し西湖でもギルルアーに重点を置いて

 釣りをして、再びいろいろ研究してみますかw

 





 
1

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ