2017/5/7

ワカサギが多い。。。。  西湖



 連休もいよいよ終わりになりましたね。。。


 自分は5日間のお休みを頂いて

 最初の2日間は西湖でノンビリと過ごし

 体力回復に努め。。。。

 残りの3日間は家族サービスに勤しんでおりましたw


 GW中は比較的天候にも恵まれ

 各SNSを見ると皆さん良い釣りをされていたようで

 いよいよ本格的なバスシーズンの突入に気持ちも高ぶりますが

 ここ西湖に関しては・・・・・



 そんな感じでGWまっただ中の西湖の報告です。。。




 クリックすると元のサイズで表示します



 朝の気温が4度とまだまだ寒い朝ですが

 日中は20度を余裕で超え、寒暖差が激しい季節になりました。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 水温は根場方面の上昇が鈍く12・5℃程度でスポーンまでには

 もうちょいという感じでしたが。。。
クリックすると元のサイズで表示します

 午後の向浜は15度近く上昇し、スポットに固執する

 個体もちらほらと見られ初め、来週末あたり

 一気に入りそうな雰囲気でしたね。。。。。




 そんな微妙なタイミングの西湖ですが

 期待の風も予報通りに吹かず、気温差でひっくり返った

 水も大規模で見受けられお楽しみの表層ゲームも

 非常に厳しい状況に・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 しかしながら時期的に上がりたい魚の姿はどこそこで

 見られ、

 サイトマンにとっては嬉しいシチュエーションなわけでw


 丘にあがって一日昼寝も良いかもしれませんが

 たまにはサイトでもと気の合う魚を探すと

 何匹が反応してくれましたw










クリックすると元のサイズで表示します


 ロックしているバス君を

 新発売のジョイントリトルゾーイでアプローチして

 スモラバで食わしたり。。。。




クリックすると元のサイズで表示します


 体中にヒメマスの仕掛けで着飾ったバス君にはw

 今の西湖の水質に合っているらしいパブロシャッドのサイトで。。。



 そんな感じでサイトでぽつぽつと水揚げしておりましたが

 50を過ぎる魚とは縁が無く。。。。。

 気になる表層の釣りに残りの時間を費やしましたが

 一気に上がったワカサギ君の数が多すぎで・・・・


クリックすると元のサイズで表示します


 ルアーには目にもくれず、リアル一本で
 
 ボイル撃ちも無の時間が過ぎるばかりでしたね。。。。



クリックすると元のサイズで表示します




 こうなると溶岩帯はサイト以外打つ手が限られてしまうので

 予定変更し、


 向浜方面に入る事に。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 ポンプ近くにボートポジションを取り西風に運ばれる

 ワカサギの流入を見ているとやはりこちらのエリアも

 ワカサギが豊富で、絶え間なく供給され水中でぼんやりと

 フィーデイングしている姿が見えたりして。。。。



 表層ゾーンでの反応が非常によくない感じです。。。



 食わせが効きにくい状態でしたのでリアクション系の


 シャッドの早巻きパターンを試しましたが

 水がクリア過ぎて、タイトでピッチの速いシャッド以外

 バイトが全く得られ無いセレクティブな状況でしたね。。。。。


 何回かチェイスやバイトがありましたが

 刻々と終了の時間が迫り。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 自分がばらしている間に同行の仲間がナイスサイズをゲットしたり


クリックすると元のサイズで表示します

 自分のボート屋の位置関係により早めに上がった後に

 高滝巻きで爆発したようでしたw






クリックすると元のサイズで表示します


 T辺さんO原君、勝手な写真使用お許しください(笑)




 2800を筆頭に10分の間に入れ食いだったそうです(汗)




 GW半ばの釣行でしたが

 毎年このタイミングで食い渋る事があり

 苦労する事が多かったのですが、リアクションや

 サイトなどで対応する事で釣果を上げる事ができました。。



 一概にリアクション系と言われる

 シャッドの早巻きといっても

 ただソウルシャッドを延々と

 キャストしていればという世界ではなく。。。。

 水質によりアクションやカラーををすり合わせる

 作業もあったりで中々これも奥が深いものだったりもします。。



 同じくサイトフィッシングも細かいルアーチェンジで

 反応を見たりと

 どの釣りでもルアーの特性を理解していれば

 もっと楽しめるんだなぁと、つくづく感じた

 食い渋りの西湖の休日でした。。。。。。

 



3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ