2017/1/4

ゾーイDX。。。。  THタックル製品

 今日から仕事始めの方も多かったようですが

 自分はちょいと長めの

 明日からの仕事初めとなり

 8日間の比較的長めの連休を

 取らせて頂きました。。。。。

 

 今年の年末年始は身の回りがあわただしく

 プライベートな時間が取り辛かったのもありましたが

 殆ど外に出かけずのんびりとした
 
 お休みをさせて頂きました。。。。


 その分ハイシーズン中に怠っていた

 釣り具のメンテナンスや

 ボートの周辺機器の見直しなんかに

 費やす事が出来、

 やはりオフシーズンは

 無理して外に出かけないのも手だなと思ったりもw


 そんな感じで。。。。

 道具も気持ちも身体もリフレッシュしたので

 2017もボチボチと気合を入れて

 始動したいと思いますw







 さて今宵も惰性が続くうちに(笑)

 昨年リリースされたTHTの

 ルアーのインプレを書いてみますね。。。。。





クリックすると元のサイズで表示します


 ゾーイDX



 全長 140mm


 自重 4ozクラス


 スローシンキング〜シンキング

 (内部ウエイト調整機能あり)






 マグナムゾーイやギルギルマックスに続く

 大型のi字形をベースとしたギルルアーです。。。



 ジョイントといえばギルギルマックスの

 1ジョイントモデルが存在しましたが

 今回リリースされたゾーイDXは

 2ジョイントモデルとなっております。。。。





 クリックすると元のサイズで表示します
手前 ゾーイDX  後方 ギルギルマックス



 1ジョイントよりも視覚的にナチュラルなアクションを

 出す2ジョイントモデルですが


 基本的な使い方はデットスロー領域でのI字形スイミングを

 主体としておりますが、


 若干ジョイント部分の固定の上下方向に遊びを持たせており

クリックすると元のサイズで表示します


 比較的大きめのウィローリーフのブレードの振動で

 各セクションが別々の振動を伝えるのと

 ギルギルマックスに比べ低速域でも微妙にS字に

 動きただる傾向のボディ本体は

 同じくI字形ルアーのジョイントの無い。。。


クリックすると元のサイズで表示します 
マグナムゾーイ タイプR

 マグナムゾーイ等とは

 ちょいと違う視覚的なアピールになっており。。。


クリックすると元のサイズで表示します



 本物のギルボディからとった生々しい凸凹の不規則な

 フラッシングも手伝い、かなり遠方からのバスを

 引っ張る力はDXに分があるような

 シチュエーションが多かったですね。。。



 2ジョイント化で巻き抵抗が大分小さくなったので

 体力的に厳しい方はこちらがお勧めかもです。。。


 ただ鋭いジャークなどを入れた時の水押し感や

 S字までスピードを上げた時のキビキビ感を

 重視したい時、若干水に濁りが出た時には

 ギルギルマックスの方が側線に訴えるモノが

 強いので、状況によって使い分けするのも

 魚の反応が変わるので面白いかもしれませんねw






 クリックすると元のサイズで表示します




 今回追加された機能として

 ジョイントゾーイにも搭載されている

 あごの下に追加されたアイですが



クリックすると元のサイズで表示します
 


 ダウンショットシンカーを装着すると

 この系のビックベイトのメソッドでもある

 ボトムでのデッドスティッキングの

 頭下げの姿勢を保つようにセットされており


 頭下げの姿勢で沈む分沈下スピードも速く済むので

 波や風が強い時に狙ったスポットに入れやすく

 なっております。。。


 自分的によく使うボトムデットステッキングですが

 ラインテンションを抜いて人的な外乱を出来るだけ

 与えずじっくりと待つのが主な使用方法ですが


 2ジョイントになった事で風や水の流れにより

 自発的にゆらゆらと動きやすく。。。。


 
クリックすると元のサイズで表示します


(クリアウォーター水域では

 何故かシェイクなどのロッドアクションよりも
 
 自然に動くモノの方が近寄って来る事が多いような。。。)




 特殊な使い方ですが、このような使用法でも

 対応できるので是非試してもらいたい部分です。。。。




 ギルギルマックスでも搭載さている内部ウエイトを

 変えられる機能もありますので、






クリックすると元のサイズで表示します
ジョイントの頭部分に空いている穴がウエイトホール。。



 
クリックすると元のサイズで表示します
ネジがウエイトストッパーになっておりますので精密ドライバーで
外してしっぽ側にある穴に針金を刺すとジョイントのストッパーの
ピンが外れてボディが分離します。。。。




クリックすると元のサイズで表示します


 付属のBB弾で浮力を上げたり

 又はシンカーを追加し

 シンクレートを上げたり出来ますので

 板オモリなどで外観を損なう事無く

 レンジを変えられますので、

 スイムレンジにセレクティブな時などには

 便利かと思います。。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 ギルルアーの定番化で様々なメーカーさんから

 多くのギルルアーがリリースされておりますが

 そんな優秀なルアーの中でもかなり異端な雰囲気のあるw

 ギルギルゾーイシリーズですが、

 そんな異端の中にも

 狙いどころが分かりやすいのが面白いのですがw

 異端の中でも扱いやすさを持ったゾーイDXは

 優等生っぽく少々完成されちゃった感が

 らしくありませんけどw


 その分何でも対応できる所が良いお値段への

 対価となっているのが嬉しい所です。。。。。




 琵琶湖なんかでかなり釣果が出ている話を

 聞いておりますので今年は久しぶりに

 マザーレイクにこいつを持って

 出かける予定を建てようかな?w



 








 

 


 




0

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ