2016/10/30

ターンオーバー。。。。。  西湖




 久しぶりの更新になりましたね。。。



 ここのところバタバタとしていて帰宅時間が

 日付が変わる直前の日々が続いており

 PCの前に座る余裕もない状態で。。。。


 先週先々週と出かけた西湖の釣行記も

 書けずじまいで楽しみにしておられた方々には

 申し訳ありませんでした(汗)


 暫くは落ち着いた身の回りになりましたので

 同じく滞っていたルアーのプチインプレなんかも

 書けたらなぁ〜と思っていますので

 期待しないでお待ちくださいねw



 そんな感じの先々週と先週の西湖をざっと

 おさらいしますと。。。。



 レギュラーサイズの行方は沖のベイト絡みに移行し。。。


 自分的に確立できていない沖の魚は

 暇つぶし程度にルアーを投げ込んでいる程度でしたが

 2回ほど良型の魚をジャンプでばらしていたので

 やりこめばこれはこれで面白そうでしたね。。。。


 残念ながら今日の状況ですと散々叩かれまくったようで

 すれっからし気味で・・・

 イレギュラーなアクションで

 やっとショートバイトが取れる程度の状況でしたので

 これからは少し厳しい感じがしましたね。。。。。



 その代りですが今年は良質のウィードが湖全域に繁殖し

 鵜の襲撃から逃れられるのか小型のバス君達が

 例年になく数多くみられ。。。。。





 クリックすると元のサイズで表示します


 ウィードの張り出しのアウトサイドには

 こんな感じでスクールバス君が多くみられ

 表層から9mのボトムまで。。。。。


 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します



 サイズはアレですけどw

 ハードルアーオンリーでつ抜けも楽勝な

 楽しい釣りが2週に続き出来ました。。。。。



 そんな楽しい釣りを期待して

 今日も西湖へ登ったわけですが。。。。



 皆さんご存知の通り急激な気温低下と

 ポンプ稼働による多めの減水と

 東風と比較的大きめのターンオーバーが全域に見られ。。


 良い事が終日曇り空のローライトコンディションだけという

 悲しいシチュエーションの週末となりましたが果たして。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 到着時の気温が6度と夜半に降った冷たい降水も

 ターンを進めたようで店前でも泡が残る状況で。。。


 目に見える生命感も少なく。。。



クリックすると元のサイズで表示します

 メンタル的にも厳しいですが体力的にも

 防寒着が無いと少々しんどい季節になりましたね。。。。




 水温的にも17度と2度近い低下がみられ

 ワカサギの動きもやっと秋らしい感じになり

 それにリンクしたバス君の魚探の映像も見られましたが。。





クリックすると元のサイズで表示します


 水のひっくり返ったディープフラットの魚は

 イマイチ元気が無いようで。。。。


 ショートバイトを得るのみで早々と見切る事に。。。。


クリックすると元のサイズで表示します




 こうなると期待のウィードのアウトサイドの子バスパターンと

 なるわけですが。。。。



 ボートセットの時に岸に流れ着く

 切れたウィードに悪い予感がしましたが

 案の定ウィードについた虫を食べるために飛来した

 渡り鳥君達がウィードエリアに多数鎮座し。。。。



 ウィードを隠れ家にしていた子バス君達は

 住処を追い出される訳で・・・・

 ニュートラルなポジションで怯えている感じで

 ルアーには見向きもしない悲しい季節になりました・・・





 こうなると比較的ウィードの少ない溶岩帯でしか

 釣りにならないので、


 おそらくは東風で押し流されたターンの水に

 満たされた溶岩帯へバウを向ける事に。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 案の定溶岩帯は洗剤を浮かべたような泡が浮かんで。。。


 臭いもちょいときつい感じでしたね。。。。


クリックすると元のサイズで表示します



 こうなるとリアクション的な釣り以外

 反応させるのがしんどいので巻物中心に探っていくと





 


 レッドアイシャッドの早巻にバイトがあり、

 魚はいるようでしたので魚探をよく観察していると


 クリックすると元のサイズで表示します


 線の長い影が見られますが、

 今週の水曜日に漁協の流れ込みから放流された

 ヒメマス君がショアラインを回遊しているようで。。。


 水の悪さとは裏腹にバス君的には

 体がキツくても目の前のご馳走の誘惑には

 勝てない様でw



 溶岩ブレイクのニアに通したスピナベのスローロールに

 反応したのは2kアップの久しぶりの大型のバス君でしたw



クリックすると元のサイズで表示します



 イメージ的に縦ストに擦り付けるようなタイトな

 コースをイメージすると反応が良かったですね。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 この後は他のパターンを試しに奔走しましたが

 無の時間ばかりが進むだけでしたので、


 スピナベのスローロールのパターンを試してみると

 

クリックすると元のサイズで表示します



 すぐに反応がありましたが手元で落としてしまいまい・・



 まだまだ居ると思い込んでw

 諦めずにキャストを続けると。。


クリックすると元のサイズで表示します


 サイズは落ちてしまいましたが

 1400と1600の丸々とした姫食い君が

 寒い中頑張って釣りしたご褒美だと

 遊んでくれましたw。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します




 急激な気温低下で非常に厳しい今日の西湖でしたが

 イレギュラーなベイトの行動で今まで反応が無かったエリアに
 
 生命感が出たのは嬉しい誤算でしたね。。。。


 放流されたヒメマスは水になじめば沖に

 ポジションを移すのでもう暫くはこのパターンが

 楽しめるはずですので、

 産卵絡みのシャローのヒメマスのパターンが始まる迄

 色づき始めた紅葉を眺めながら

 晩秋の西湖にチャレンジしてみては如何でしょうか。。








 



3

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ