2017/5/25

OROLL(オロール)LC90F。。。。。  THタックル製品



 月一の新製品のリリースで

 釣り手のペースが追い付かない

 今日この頃。。。。


 勢いをつけたここ最近のブログの更新ペースで

 一気に追いつく作戦ですがww


 書くペースは上げられても

 週一のフィールドテストと銘打ったレジャーでは

 全てのルアーを吟味するまでは時間が少なすぎで。。。


 なかなか踏み入った印象が書けないのがちょいと

 悔しい所ですが。。。。まぁつぶやき系ブログの

 限界という事でw大目に見てやって下さいw





 そんな感じで

 リリースされてから少し時間がたってしまいましたが

 これからの季節きっと活躍してくれるだろう

 表層系ルアーのサイズアップバージョンのご紹介です。。。。









 クリックすると元のサイズで表示します



 OROLL (オロール)LC90F


 全長 90mm

 重量 1/4 OZ


フローティング



 以前リリースされたオロール70Fの

 サイズアップバージョンです。。。




クリックすると元のサイズで表示します
手前 70F 後方 LC90F


 ネーミング内のLC(ロングキャスト)の名を

 冠す通りにベイトタックルでも対応できる

 キャスタビリティを持たせたモデルです。。。。


 性格的には70と同様

 表層デットステッキング時の口を使いきれない

 魚に対しバイトのトリガーを持たせるべく

 ジョイントの部分にポリカーボネイト製の

 ペラを装着した個性的なボディディティールが

 目を引くデザインです。。。。。


クリックすると元のサイズで表示します



 ペラの回転に吊られてスイベルでジョイントされた

 テール部分も回転するように設定されており


 I字引きでもかなり個性的なアクションを見せますが

 このルアーはやはりロッドアクションやリトリーブの変化で

 アクションの変化を付けるのが楽しいです。。。。



 強めのジャークなんかでもペラがブレーキになるのか

 少ない移動距離で時間を掛けて誘う事も出来るし


 水面の世界での操作系ルアーですね。。。。



 沖をサスペンドする傾向の強い今の山上湖の

 スポーニングの段階ですが

 そういったジャンルの魚を浮かせる力を持ちつつ

 食わせのホットけも対応できるのも嬉しいですね。。。


 そんな感じの軽い感じのインプレになってしまいましたが

 これが活躍してくれるであろう

 アフタースポーンはこれからですので

 引き続きテストを重ねて

 使い倒してからまたインプレをしてみますねw

 







0

2017/5/24

NEOシャンデリー。。。。。  THタックル製品


 
 アラバマ派生型ルアーとして

 一世を風靡したシャンデリー。。。


 いまだに人気が高く定番化された

 スピナーベイトですが


 先月その進化型ともいえる

 NEOがリリースされましたので

 ちょいとご紹介です。。。。。




クリックすると元のサイズで表示します


 NEOシャンデリー

 ヘッド重量 3/8oz




シャンデリーの代名詞ともいえる

 8枚の小型のブレードはそのままで

 ヘッド部分を新たにデザインされた

 モデルです。。。。





クリックすると元のサイズで表示します




 以前のモデルはFECOに対応すべく

 ヘッド部分にタングステンのバレットシンカーを

 代用しており、一見殺風景なW外見でしたが。。。。










 クリックすると元のサイズで表示します



 デザインされたヘッドを組み合わせると

 かなり雰囲気が変わりますね。。。。




 平たい形状はレンジキープに効果的であると共に

 オフセットされたヘッド前のワイヤーの形状は

 ボトム系障害物を躱しやすそうだし


 自分的に好きなディープエリアのデットスロー引きに

 理にかなったデザインだと思われますw



クリックすると元のサイズで表示します



 生憎バタバタ続きで、今だこのモデルには触っておりませんので

 詳細はお答えできず、外観の印象程度しか

 お話しする事が出来ませんが。。。。

 

 手に入ったら詳しいインプレでも新たにしてみますね。。。。




0

2017/5/23

NADERU(ナデル)155使用法1。。。  THタックル製品


 
 私事ですが、本日無事に誕生日を迎え。。。

 FBなど皆さんに盛大にお祝いのお言葉を頂き

 ビックリすると共に

 皆さんに支えられてここまで来られた事に感謝し

 この場をお借りしてお礼の言葉を代えさせて頂きます。。



 本当は歳が増えると嬉しくないお年頃ですがw

 生まれた限りそれを止める事は出来ない訳で。。。

 その為にその歳その歳での

 楽しみというのも色々と用意されているのですが。。。


 ふと思い返してみると自分的に年相応に

 それらに対応できているとは

 今の行動を見ても全く思えないし。。。

 

 それに合わせる器用さというか身の軽さってのも

 そろそろ身に付けたいですが果たして。。?!




 そんな感じのhappybirthdayの今宵ですが


 先日お約束したTHTのビッグベイト

 NADERU155の使用法を何回か分けて説明するという

 その第一弾を軽く書いてみます。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 
 2〜3mのミドルレンジに特化し、

 障害物回避能力に優れハードボトムに絡む部分での

 アクション変化にマックスポイントを持っている事を

 以前の記事で書きましたが


 今回はボトムに当たった時の注意点を主に書いてみます。。



 障害物回避能力が高いルアーでも

 たまにロストしてしまう事がありますよね。。。


 自分も大昔、障害物回避能力の高いクランクベイト等を

 使ってさんざんルアーをロストしてきましたが。。。


 いろいろ調べていくと致命的な根がかりの原因として

 ラインが障害物の間に入り、その後に来るルアーが

 がっつりと障害物にはまり込み終了・・・・


 というパターンが非常に多かったです。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 5000円近いルアーがフィールドの藻屑となるのは

 精神衛生上宜しいわけがないわけで・・・


 ボトムコンタクトを恐れて本来の性能を得られず

 タックルの肥やしという寂しい末路へ。。。。



 そんなジレンマを払しょくするべく

 ボトムコンタクト後のロッドアクションで

 かなり根がかりを回避できる方法があるので

 お伝えしますが、やり方は超簡単で、

 着水後ロッドを下げて潜航深度を稼ぐべく

 リトリーブを始め、ボトムにタッチした瞬間

 下げていたロッドを上向きに立て、

 ラインをストラクチャーの上に通す感じで

 ゆっくりとリトリーブし、ちょっと食い気味に

 重くなったらリトリーブを止めロッドを戻して

 ラインスラッグを出してルアーの浮力でストラクチャーから

 離してからまたリトリーブを始める。。。。


 とにかくボトムに当たったらロッドを立てて

 ボトムの抵抗が高くなったらリトリーブを止めて

 ラインスラッグを出して浮かして躱す。。。。



 これだけでかなりロストを減らす事が出来ます。。。


 現に西湖の溶岩帯で何回もテストをしましたが

 ロストはおろか、ルアーリトリーバーの出番も

 ありませんでした。。。。。





 ここ最近のハイプレッシャー化で

 タイトにリアクションというフレーズが

 トーナメントメソッドの中によく見られますが。。。



 NADERUに限った話でなく

 シャッドやクランクベイトで、あのヘビーカバーに

 どうしても通さなければ釣れない状況でルアー側の

 改造以外にアングラー側の対処として

 このロッドさばきが有効だと思いますので

 是非試して頂きたいですね。。。。




0

2017/5/22

Zoe新色追加。。。。  THタックル製品
 




 登場から5年たち

 少しマンネリ感も出てきて

 ちょいと距離を置いていたルアーでしたが。。。

 周りの影響でw

 最近また使い始めたゾーイシリーズ。。。

 なんやかんや言っても釣れるルアーのようで

 昔使った方法を思い出しながら

 (といってもただ巻いているだけだけどねw)

 厳しいミッドスポーンの西湖でも

 先週 先々週と普通の釣りで釣れたのが

 ほとんどこのルアーだけだったりもするw


 リリースされてから5年たちましたが

 オンリーワンの立ち位置も手伝い

 人気は落ちる事無く
 
 いまだに釣る力も、もはや第一級のこのルアーですが。。。


 

 今月初めに

 追加カラーがリリースされましたので

 報告です。。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 クリッター(ラメ)入りカラーの追加です。。。



 既存のカラーの上に細かいラメを上乗せした

 シリーズです。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 ベースカラーの主張を殺さない

 絶妙なラメの密度と小さめのラメのサイズが

 角度を少し変えただけで細かく煌めき


 ベースボディの凸凹の乱反射をプラスし

 基本的に動きの無いI字形ルアーのボディに

 リアクション的な働きを狙ったもののようです。。







 クリックすると元のサイズで表示します



 このラメの効果は水の中に入れると顕著で
 
 水の中だと暗めに目に映るボディ上半分のカラーに

 煌めくラメがかなりアピールしている感じがします。。。


 そういえば先週今週と釣っているジョイントリトルゾーイと

 ゾーイは先日書いたリアルプリントと

 クリッター入りカラーでしたね。。



 厳しい状況下で魚が釣れた事はやはりこの2つのシリーズ

 何らかの釣る力はあるようです。。。。


 そろそろウィードも生え始めこの手のルアーの

 シーズンも間近ですが、

 昨年よりもギル系も

 ちょいと引き出しを増やしたいなぁ〜


 なんて思われている方にはうってつけの

 追加カラー。。。。。


 店頭で見かけたらちょいと気にしてみて下さいw




0

2017/5/21

ミッドスポーン ドピーカン。。。。  西湖


 

 ここ2〜3日夏日が続いている

 静岡方面ですが

 おとなり山梨県も同様らしく。。。


 今日も釣果以外でw暑い一日となりましたので。。。。


 軽く報告です。。。。。




クリックすると元のサイズで表示します



 ヘラのノッコミも盛んで、

 俄然水面に生命感が漂い始めた西湖ですが、

 朝の気温は9度と。。。

 20度近い静岡の朝とは一転、

 着る物をワンシーズン戻さなければならないくらいでした。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 出船後、バウを坂下方面へ進め

 季節の進行が速い東方面のチェックから始めました。。。


クリックすると元のサイズで表示します



 出船前に弱い西風が吹いていましたが

 次第に風は無くなり湖面は鏡のような
 
 下向きの釣り日和となりました(笑



クリックすると元のサイズで表示します



 丸美前から坂下のシャローレンジには

 ベッドが見られましたが先週末よりも
 
 メスが絡んだベッドは少なく、


 沖の中層をサスペンドしている個体が多かったようです。。




 ハマワイザーとアベンタRSでブレイク付近を


 時間を掛けてキャストをしていると

 それらしい場所で何回か浮上させることが出来ましたが

 この無風状態ですと中々キツイ感じです(汗)





 そんな感じで浅原方面に入ると、俄然水面が賑やかになり


 静かに近づいてみると、

 ウグイのスポーニングの真っ最中のようで。。。




 クリックすると元のサイズで表示します



 クリックすると元のサイズで表示します



 ボートの下はメスを囲むオスの集団に占拠されてますw






 


 あまりの数なんでネットですくえそうだったので

 試しにやってみると意外とあっさりとゲット出来ましたw


クリックすると元のサイズで表示します
婚姻色が綺麗です。。。。



 普段西湖ではあまり見かけないウグイですが

 居るもんですね。。。。


 因みにそれを狙うバス君も周りにいたので

 スラスイ250で探るといい反応をしましたが

 ゲットならず。。。。。




 更に東方面に行こうとしましたが

 このあたりから水が悪くなり

 釣れる感じがしなかったので

 対岸の津原方面に渡り

 そこから西へ向かうルートに変更しましたが。。。



 無風の状況はやる事を制限され。。。。


 ノイジー系トップウォーターメインで

 ストレッチを流しましたが


 沖のポジションの魚は相変わらず

 パワーが無く。。。。。。



 無の時間が過ぎるばかりでしたが、


 バッテリー交換の11時30分の帰着前に

 惰性で投げていたゾーイReal2に

 ヘラロープの下から43センチくらいの

 バス君が反応してくれてちょいと救われましたw






クリックすると元のサイズで表示します
小さいけど普通釣りでは重〜〜い一匹ですw。。。。。



 これで調子が上向きになるかなと思い

 午後の部に入りましたが、この頃から吹き始めた

 西風が更に期待を持たせましたが。。。。



 要所要所でチェイスはありますが

 バイトまで持ち込めず。。。。。


 

 クリックすると元のサイズで表示します



 空模様恨めしやの展開に。。。。。


 クリックすると元のサイズで表示します



 午後は殆ど魚の反応を得る事が出来ず

 もっぱらこれからのアフター回復系の動向を探るべく

 魚探掛けに奔走しておりましたが。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 各大場所のディープエリアのベイトの反応が宜しくて。。。


 中にはバスのリンクらしい映像もあったりもして、

 今後のアフターの釣りに期待が持てそうな雰囲気でしたね。。。



 とりあえず雨乞いの釣行が続くと思いますが

 時系列で魚の反応も上向きになるはずですので、

 引き続きルアーのチョイスを楽しんでみますw





1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ