2017/4/23

野尻湖解禁日。。。。。  野尻湖
 


 昨日になりますが

 野尻湖の解禁日に出向いてきましたので

 かる〜く報告します。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 昨年の5月以来ほぼ一年ぶりの野尻湖ですが

 解禁日に訪れたことはなく、


 事前情報もほぼない状況ですが 

 どうせ釣れやしないだろうし。。。

 定番のワームなどそろえる以外は

 ハード類はいつもの西湖スタイルで

 気軽に準備完了w






クリックすると元のサイズで表示します


 現地は日陰などにはいまだに雪が残り

 こちら静岡とはワンシーズン遅れの

 進行といった感じですね。。。



 しかし朝の気温は6度とそれ程冷え込まず、

 雪解けも進んでいるようで各排水溝からは

 雪解けの水が溢れ、湖にもかなり流入しており

 表水温が8度の水温からするとかなり魚が浮き気味に

 なるのかな?なんて想像しながら現地に到着すると。。。





 クリックすると元のサイズで表示します


 ご覧のような幻想的な霧が立ち込める

 ローライトコンディションは

 釣り的にプラス要因になるわけですが。。。。。

 

 そのプラス要因を抑え込む、

 この時期定番のマイナス要因と言われる
 
 おりからの北風が魚のレンジを抑え込む

 今までの釣れない釣行記のしょっぱい記憶が先行する

 朝となりましたw




 クリックすると元のサイズで表示します


 準備中に雨も降り始め体感気温も下がり始めましたが

 大雪の中で釣りをしているせいか

 それ程寒さを感じることはなく。。。

 かえって暑い中釣りをするよりも快適で

 実はこの時期な一番好きかもw



クリックすると元のサイズで表示します



 野尻湖釣行ではいつもお世話になっている

 吉野家さんの池田さんの話ですと

 例年の解禁日はやはり難しいけど

 出れば40UPは確実だから

 あなた向けの季節でしょうとw

 全てお見通しのお言葉を頂きw



クリックすると元のサイズで表示します


 私の野尻湖専用艇wに乗り込みいざ出発すると。。。。






クリックすると元のサイズで表示します



 霧が更に濃くなり、雨脚も強くなってきましたので

 スマホのGPSを頼りにアイドリングで航行し。。。。


 もみが崎からスタート。。。。。



 北風が当たるウィンディサイドをフラッシュJや

 友ミノーのミドスト系でチェックしながら

 風裏の反転流の表層系をメインに魚の上昇を試みましたが


 無の時間が進み。。。。


 レイダウンの上を通したナデル155に一度だけ

 チェイスがあっただけでルアーに対する

 生命感が限りなく小さい事に加え

 魚探の調子も悪くなってきましたので(汗)



 さてどうしようかと菅川まで流れてくると

 大量のツバメが低空飛行しおそらくはユスリカの

 ハッチに釣られているんだろうなぁ〜と

 眺めていたら鷹がワカサギを掴んで飛んでいくのを発見。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 遅めの朝食を取りながらボイルなんかないかな?

 と見ているとボートの真横でごく小さな単発的な

 ボイルがありボブルヘッドを投入!



 5分くらい放置した時もんどりバイトを取りましたが

 何故か手元までの重みは取らえられず・・・・


 もう一度あったバイトも乗せるまでのバイトの本気度は

 無かったようです。。。。。



 表層系の釣りにあきらめが出始めた地合いに

 寺ケ崎の南側の風裏エリアに移動し朽ち果てた桟橋付近を

 タイトに表層系で誘っていると沖の水平方向から

 いきなりバイト!


 慎重にやり取りをして今季初のスモールゲットw






 クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



 水温が低いせいか西湖のアホみたいに引く

 バスに慣れてしまったせいか、あまり引きませんでしたが

 1300のナイススモールでしたよ。。。。



 この感じではウィンディサイドより

 風裏の反転流絡みに分がありそうな感じでしたので

 固執した表層系は先ずは置いといてw


 ジグヘッドのスイミングでボトムから直下までを

 風裏を中心に攻めてみる事に。。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 こんな感じのレイダウン絡みのエリア。。。

 


 雪解けの水の流入を頭に入れて3mから上に限定して

 釣りをしておりましたが、沈んだ枯れ枝を舐めるように

 通したボトストで2回ほどバイトを取りましたが

 後半から上がった気圧と

 6mの北風が魚の活性を下げたようで・・・


 フックアップまでの力は無かったようです(汗)





大荒れの湖上を逃げるように走り抜けます。。。。

 



 そんな感じの厳しい野尻湖解禁日になってしまいましたが

 同日に出た西湖仲間はミドスト系で朝のうちに3本取ったり

 吉野家さんから出られたバスオブのW部さんペアは

 岬絡みで短時間のラッシュを得られたようで

 船中40UP5本と!


 まだまだ修行が足りないな と実感した一日となりました。。。



 そんな感じの面辛い野尻湖解禁日でしたが

 魚のコンディションは相変わらずいい状態で

 魚も沢山いましたよ。。。。。


 たぶん来週あたりから

 本格的に釣れる魚が動き始めますので

 GWの後半あたりは楽しめそうです。。。

 表層系で釣りたい方はその辺りに的を絞って

 計画を建てるといいかもしれませんね。。。。。








 



 


 




 
0

2017/4/3

フローティングストラクチャー。。。。  西湖

 




 週末の冷え込みが峠を越えたか

 今日は暖かい一日となりましたね。。。。



 週間予報を見ても冷え込む日は無いようで

 外遊びに向けいよいよ本格的な

 シーズンインを迎えられそうですw


 そんな最後の冷え込みであろう昨日の日曜日に

 西湖に出かけてきましたので報告です。。。。。




クリックすると元のサイズで表示します


 4月1日より出船時間が5時となりましたが

 準備時間中はもとより、出船時間を大幅に過ぎた時間でも

 ご覧のような真っ暗な西湖畔。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 前日一日中降ったらしい雪は高めの気温のせいか

 幸い道路には積雪はありませんでしたが

 気まぐれな山の空模様ですので準備は万端にですw


クリックすると元のサイズで表示します


 暗い中準備を終えていざ出船。。。。

 5時の時点でも真夜中といった感じですが。。。

クリックすると元のサイズで表示します



 めったに経験出来ない

 普段とは違う暗闇の航行は神秘的でもあり

 





 見えないモノが見えそうでw

 この時期の一つのお楽しみだったりもするw


クリックすると元のサイズで表示します



 暗闇の中溶岩帯をナデル155で流し始めましたが

 先週末同様水温は5.5度程度の安定の低水温。。

 雪代の流入でベイトは浮き気味のポジションを取り。。


 6〜7m付近のコンタクトポイント付近の雰囲気が

 あまり宜しくない感じでしたね。。。。



 この雰囲気だと勝負は0〜3m刻みでしょうと

 2.5mのナデル155に加え

 ちょいと浅めのログ10とイーターの溶岩擦り付け

 ボトムノックジャークで攻めてみましたが、

 反応はありませんでしたね。。。





 クリックすると元のサイズで表示します

 そうこうしているうちに日が昇ると辺りは白一色の

 銀世界にw


 クリックすると元のサイズで表示します


 無風の湖畔にユスリカのハッチが各所で見られ

 それに吊られたヒメマス君以外は

 水の中の動きはスローで。。。。



 クリックすると元のサイズで表示します


 中々上がらない水温にやきもきしておりましたが

 10時を回る頃、南寄りの東風と期待の日照が強くなり

 若干の水温の上昇が見られたので


 ヘラボールに依存する越冬系のバス君が動きそうだったので

 得意のグリマー7のヘラボールのレンジに合わせた

 カーブフォールを試すと心地よいバイトが。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 目に見えるヘラボールにもバスはついていますが

 これらは中々天才君ですので・・・・

 一段下の目に見えるか見えないかのレンジのヘラボール付きは

 意外とイージーに反応してくれました。。。。

 風が無ければ目視でも何とな〜く確認できますが

 風が吹いたりするとこの釣りは難しくなりますが。。。


 横方向の広範囲を探る事が出来る

 サイドイメージ付きの魚探

 もしくは今話題のガーミンの3Dスキャン(いないかw)

 をお持ちの方は

 3〜4mのヘラボールを探すのに非常に都合がよいので

 試してみると面白いかもですw



クリックすると元のサイズで表示します


 この後もヘラシューティングwを続けると

 飽きない程度に釣れてくれますが

 サイズが上がらないのが難点ですね。。。。

 
クリックすると元のサイズで表示します


 今回はちょいと季節を先取りしすぎましたがw

 もうちょい時期が進めば

 今回釣れた越冬系のミドルエイジさんから

 メタボのプリスポーナーさんが捕食活動に

 このフローティングストラクチャーを利用し始めますので

 西風のドン着きの浜や

 ミドルレンジのコンタクトポイント同様

 気にして頂きたい西湖の春のエリアの紹介になりました。。。。



 とりあえずこの釣りだとこの日のシチュエーションでは

 サイズがあがりませんので。。


 岸際をタイトに徘徊するヒメマス絡みの個体を狙うべく

 タイトに攻めるロングビルミノーとナデル155で

 探しながら、コンタクトポイントでジグヘッドの

 ボトムシェイク等試しましたが

 上昇し始めた気圧のせいか、上昇した気温で

 溶けた雪が湖に流れ込んだか、午後からはバスからの

 感触が薄くなり。。。。




 クリックすると元のサイズで表示します


 2kフィッシュへの確実な手ごたえを

 今回もロスト気味な釣行となりました(汗)



 先週末同様、空模様恨めしやの週末でしたが

 最初にお伝えしたように今後は気温は上昇し

 一気に春らしい陽気になる予報が出ております。。。



 湖のバスの動きもそれに向け

 待ち構えた個体が数多くみられ

 一気に動きが活発になる事もありそうですね。。。



 今週末の暖かい雨がどうのように釣果に影響するのか

 今から楽しみですw








 
2

2017/3/27

雪。。。。  西湖


 



 ご存知かと思われますが

 大雪に見舞われた昨日の富士五湖方面。。。


 釣りは無理だろうという周りの意見も聞かずにw

 性懲りもなくいつも通りに西湖に出かけてきましたので

 報告します。。。






 

 クリックすると元のサイズで表示します



 到着時はそれ程の降雪ではなかったのですが

 日が出てから降り方が強くなり。。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 見る見る間に浜は真っ白になり。。。


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



 ボートセットが終わる頃には出船をためらう程の

 状況でしたね。。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 しかしながら雪の日は釣れるという

 話もあり実際良い思いをした事も何回かありましたので

 意を決して出船しました。。。。



 とりあえず和田島から入りましたが

 予報の南東の風は軸が北により

 冷たい風が溶岩帯一帯をサブサブにして

 一気に魚っ気をダウンさせる

 悪い雪の雰囲気が。。。。



 




 それならばと当初予定していた向浜方面は諦め

 北東の風を避けるべく

 のどっ首以西のエリアへ早々と作戦変更。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 水温は5.5度と先週末より更に下がり

 前日入りした仲間の情報では向浜や溶岩帯の一部で

 前日比−3度!という先週末好調だった0〜3mラインの

 パターン崩壊を想像するには容易なわけで。。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 実際に目に見える部分でも

 溶岩のごく浅い隙間に隠れている越冬系の

 バス君の動きも殆どなく、魚にとっても人間にとっても

 厳しい西湖の様相へ。。。。



クリックすると元のサイズで表示します




 到着後本湖に比べ落ち着いた湖面に

 風裏の部分がありましたので

 一部の望みを持ってジャークベイトの

 パターンを試してみましたが、


 穏やかな湖面とは裏腹に気圧低下より水温低下が

 嫌なのかさかなっ気が無く


 無の時間帯が進みつつありましたので

 大ジラとヒラーのファーストコンタクト付近のチェックをしましたが

 イマイチ差し込む雰囲気も感じられませんでしたので

 
 更に深い溶岩帯の6〜8mラインのブレイクを
 
 前回リンクしていたヒメマスを探しながら

 釣りをしていると北東の風のドン着きにあたる

 沖ブナイのブレイク上に強烈な東風の湖流に流された

 ユスリカに釣られたヒメマスを発見。。。。

 
 このエリアにしか確信が無かったので

 ジグヘッドでタイトに攻めてみると

 40ちょい位の先週末よく釣れたサイズが

 反応してくれましたが、食いが浅いのか

 手元でポロリ・・・・・


 唯一のチャンスをフイにしてしまう事に・・・・



 しかし地合いなのか間もなく同行のA田君の

 ジグにナイスサイズが。。。。。





 クリックすると元のサイズで表示します



 こちらは無事に確保して戴き

 完全試合は何とか回避完了ww




 この後もこのエリアで具を変えたり

 アプローチの距離を取ったり

 いろいろ試しましたが、フィッシングプレッシャー云々よか

 空模様的にイマイチ上がるのに

 躊躇している感じで。。。。



クリックすると元のサイズで表示します







 最後の最後で表層でワンチュパ出しましたが



 残念ながら苦労は実を実らせる事無く

 打つ手なしの一日となってしまいました・・・・




 雪のいい思い出も思い返せば

 西風がキーになるわけで、


 今回のように氷のように冷たい風を吹きさらす

 北東の風は致命的な気象条件だったようです。。。。


 しかしながら不安要素だけでなくこの週末は

 大潮の初日である事で、午後あたりから

 湖流の潮目にワカサギ産卵の泡の帯が

 流れ始め。。。。。



 デットワカサギの走りに

 ちょいと期待が持てたりもしました。。。



 今週末はその系の釣りも視野に楽な展開を期待しておりますが

 果たして。。。。。











 


 
1

2017/3/20

2017開幕。。。。。  西湖



 長らく放置状態が続いておりましたが

 横のツィッターの更新を見て頂ければ

 生きていた事は確認できたと思われますがw

 
 
 3月の3週目にやっとそれらしい釣りが出来ましたので

 報告しますw






 



 クリックすると元のサイズで表示します


 昨日19日の西湖の朝は到着時の気温こそ

 マイナス2度台を指しておりましたが

 空気は霞がかかり春っぽい温さが感じられる

 早春の雰囲気満々でしたね。。。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 先週末は河口湖でマスターズのプラクティクスの

 お手伝いで操船したレンジャーの感覚に慣れた身での

 ローボートの狭さに閉口しましたが・・・


クリックすると元のサイズで表示します


 贅沢は言ってられないとw湖の様子を見ていると

 減水傾向だった解禁当初より更に減水は進み。。。


クリックすると元のサイズで表示します


 ショアライン沿いの白いラインが昨年の秋の水位らしく


クリックすると元のサイズで表示します



 1メートル近い減水があったようです。。。。


 今年の冬は積雪が少なく雪代の流れ込みも
 
 期待できなかったようで、ここ最近の空梅雨傾向の

 空模様で夏までに減水か続くんじゃないかという

 心配する声も。。。。


 スポーンも水位に影響される事が多いので

 ちょいと関心を持って推移を見守ってみます。。




クリックすると元のサイズで表示します


 湖上に出ると減水の影響か、水温が4.9〜5.0と

 解禁日より0.5度程度低下していたのに

 ビックリ。。。。。。


 春らしい展開を望んでいた自分的に
 
 拍子抜けの朝になりました。。。。。


 とりあえず様子見の石切り方面から入りましたが

 やはり水温のせいか生命感は解禁当初と変わらず

 越冬系の仕上がった見えバス君以外は

 動きが無いショアライン沿いでしたので

 
 季節の進行が若干早いノドッ首以西のエリアに的を絞り

 釣りを始める事に。。。。



 現場に入ると水温的にも5.5度と若干の上昇がみられ

 沖のヘラのレンジも比較的浅かったので

 フローティングミノーでバスのリンクを試していると

 以外にも早いタイミングでバスのチェイスがありましたが

 
 やはり絶対数が少ないようで一日沖のヘラボールに張り付くには

 リスクが高い感じでしたね。。。。




 その後ショアライン沿いの様子を見る為に

 オロール70Fのほっとけを試していると

 ヒメマスのチェイスが多発し、


 どうやら西風とボディウォーターにより岸際に流された

 ユスリカに釣られて目視でも確認できるほど
 
 ショアラインにそって回遊する嬉しい展開にw



クリックすると元のサイズで表示します



 ブレイク上のボートポジションの魚探映像にも

 単発のヒメマスの影が映り、


 表層直下から3mのレンジに的を絞り

 ポークジグヘッドのカーブフォール気味のスイミングを

 試すと比較的着水後の

 間もないタイミングでのレンジで反応があり。。。



クリックすると元のサイズで表示します



 この40〜43クラスが短時間で2本ほど釣れてくれましたw



 これはパターンかなと試してみましたが

 やはりそこは水温5度代の世界。。。


 スカボコの状況にはなるはずもなく。。。。


 再び別の展開を試す事になる訳で。。。。。


 昼近くになり東風の時間が長くなりおそらくは

 タイトに付いているであろうと


 魚探の映像でのヒメマスの濃いエリアを重点的に


 3メートルラインをタイトに攻められ

 ヒメマスにイミテートしたルアーとなれば


 先月リリースされたTHTのビックジョイントミノー


 ナデル155があるじゃないよとニーリングしながら

 3m付近の溶岩を擦り付けるようなライン取りで

 通していると思惑通りで教科書通りの嬉しい魚がw。。。。。





 クリックすると元のサイズで表示します


 リアフック1本でネットイン後

 外れてしまう程危ういかかり具合でしたが(宣伝の為に

 刺さらないように口にかけさせてもらいましたw)


 しっぽが欠けてなければ53くらいはあった

 50UPさんでしたw




クリックすると元のサイズで表示します
同行の荻ちゃんがせっかく写真を撮ってくれましたので
載せてみますwいつもありがとう!





 今回活躍したナデル155ですが

 西湖ヒメマスパターンへ傾倒した

 セットがされているようで。。。。


 他のミノーとはかなり違うレンジと

 ボトム系ストラクチャーに絡む時の

 独特のアクション変化が楽しいルアーです。。。


 詳細は追って報告しますのでしばしお待ちください。。。。




 そんな感じで、

 これからもナデルで釣りたいという方も

 居るであろうし、狭い西湖で

 これで釣りきっちゃうと

 大人げないのでw

 他の釣りに変えましたが。。。。


 イマイチ反応は薄く終了間際にS籐ミノーの

 フォールで40センチをゲットするのみで

 午後の部は終了となり、5度台の水温らしい
 
 厳しい展開に終わりました。。。。。





 やっとのことでらしい釣果が出始めた

 ここ西湖ですが、この連休中に

 ワカサギ表層系の反応も出始めたと

 友人の報告も入りました。。。。。



 ワカサギデットベイト系の釣りも始まり

 選択肢が増える楽しい西湖の春がいよいよ始まります。。


 昨日一日だけの釣行ですので

 はっきりとしたことは言えませんが

 昨年より若干魚のレンジが浅い感じがしますので

 表層系がイマイチだった昨年より

 今年は浅い分こちらの釣りがいいのかな?


 なんて思ったりもします。。。。



 今年は各メーカーさんから西湖ゆかりの

 新たな表層系のルアーが

 リリースされるようなので気にされてみては如何でしょうか。。

 
4

2017/1/5

MONIKA 3.9 (モニカ3.9in)  THタックル製品
 

 昨年THTさんから数多くのルアーが

 リリースされましたが

 殆どがハードルアーでしたよね。。。

 
 自分的にワーム禁止の

 西湖の釣行が年間の9割以上を占めているので

 自己中心的に考えれば

 ハードだけでいいじゃんとなりますが。。。。


 世間一般的にいえば

 ワーム無しでバスフィッシングが

 成立しないのは当たり前の事で。。。、

 
 一般的な目線を置けば

 自分みたいのが異常なわけでw


 特に日本のような魚探しより

 エリアは分かりやすい分
  
 常にプレッシャーに晒されている事が多く

 そのようなシチュエーションで

 いかに魚に口を使わせるには

 ライトリグに傾倒せざるを得ないわけで。。。

 国内で健全なバスフィッシングを学ぶ上では

 ワームゲームは必修事項でしょうね。。。
  

 釣りの上手い方との差を広げられないよう
 
 この手の釣りとルアーも勉強をしなきゃです(笑) 


 そんな感じの大量に出回るワームの中でも

 独特の使用感に

 ちょいと光るものがあるTHTの新製品

 モニカ3.9inの紹介です。。。。。





 クリックすると元のサイズで表示します

 お馴染みTHタックルのワームパッケージでの

 梱包となります。。。。




 全長 98mm

 FECO対応ワーム。。。




 見た目がシンプルなスティックベイトです。。。。


クリックすると元のサイズで表示します

 素材は好評キャッツクローラーと同様の

 かなり塩が詰め込まれた素材で

 自重もありノーシンカーでもぶっ飛んでいく感じです。。


 匂いはウイキョウ系の

 あくまでもプラスティック臭を消す程度の

 控えめな匂いになっております。。。。


 そうなるとボディの形状からして

 センコーがあるからいいやとなってしまうわけですが。。。



クリックすると元のサイズで表示します


 モニカにはテール部分にスリットが入り。。。


クリックすると元のサイズで表示します

 
 アングラー側の任意で手で簡単に裂く事ができます。。。



 このセットですと

 頭にネイルシンカーを詰め込んだ

 バックスライドセッティングの時

 着底時にテールが開くアクションを出し


 単純なシルエットからの変化が

 今までにあまり見かけない動きが

 面白そうですね。。。。。



 ヘビダンやテキサス、直リグやキャロや

 ジグヘッドなど様々なリグに対応できますが

 意外とチャターやスピナーベイトのトレーラーにも

 いい感じで、


 若干ふわっとさせたい時に装着すると

 素材の質量と二股のテールの抵抗で

 ルアーに落ち着きが出ますので

 使い分けの一つとして頭の片隅に入れて置いておくと

 良い事があるかもw



 あとは昨年おいしい思いをしたアフター期の野尻湖の

 ジグヘッドによる、でかい具ホットケパターンにも

 適していると思いますので野尻湖フリークの方も

 是非試して頂きたいですね。。。。。





0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ