トマトっとのひとり言


~~~~肝炎治療とその後~~~~~トマトっとのひとり言

 
肝炎治療を始めて25年、何度かの再燃を経て、ソブリアード(シメプレビル)の3剤併用療法の治験でSVR(著効)になりました。インターフェロン治療の副作用でなったバセドウ病と甲状腺腫は、一生経過観察。著効後の舌痛症状は、シェーグレン症候群と診断されました。SVR後も肝癌リスクは残るので、専門医の定期的な検査は続きます。(^。^)

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

内緒コメント

記事右下の内緒をクリックするとコメント欄が出てきます。非表示希望コメントなどございましたら、記名の上、どうぞよろしくです!

自己紹介

C型肝炎: 1b高ウイルス、IL28b-TG、コア70W、ISDR4、ITPA-CC。 治療歴:強ミノ、INF単独3回、ペガコペ併用治療で再燃。β単独連日治療バセドウ病もらい中止後再燃、β・リバ併用治療中断し、阻害剤TMC435の3剤併用療法の治験でSVR(著効)となる。長い間の治療の副作用でバセドウ病と甲状腺腫、舌痛症が残る。

過去ログ

最近のコメント

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:miya
PS
そうそう、VTTQを受けた時、平均値だけでなく、5回分、それぞれの数値もカルテにありましたが、やはり各回の数値は結構バラけていました。部位によっても数値が違うのでしょうね。まあ、糖鎖も画像も、皆、大体一致しているし、主治医の診立てとも合っているので、これが、総合的な診断というものかなと思ってます。
投稿者:ひでほ
トマトっとさん、おはようございます。
お母様、改善傾向でよかったです!!!
国府台病院の講演会報告、とてもうまくまとまっていてナイスです。
小生も行く予定でいましたが、体調不良で断念しました。
レポートありがとうございました。
投稿者:miya
トマトっとさん、おはようございます。
お母様、頑張っていらっしゃいますね、うんと楽しいお話してさしあげてね。

お忙しい中、講演会レポートまでありがとうございます。
ラジオ波は、幾つかの病院の何人かの先生から、難しさと、技術力の高さの必要性のお話を聴いています。
私は実体験者から何度もきいているのですが(汗)、患者側も、出来た場所によるけど、決して楽な治療でもないんですよね。でも、うまくいけば、後は早く退院出来るし…、いつか体験するだろうって腹は括ってますので、意外に気は重くもないです(^^ゞ
そんなに気にされないでくださいね〜。


TMCはドライブをかけたときいてます。MKはMSD社なんですねぇ…。認可時期、いろいろ微妙ですね。
投稿者:yokobue
トマトっとさん、おはようございます。

講演会のご報告、ありがとうございます。
とても、分かりやすく、参考になりました。

なるほど、VTTQは5回の平均をとるのですね。
私の病院では、フィブロスキャンは10回の平均をとるようです。測定部位も、医師二人で超音波画像を見ながら、慎重に選んでいました。慢性肝炎の場合、硬さも部位によって異なるでしょうし、部位選びも重要なのでしょうね。
がんの治療については、私は、リスクの隣合わせなので、情報、ありがたかったです。

嵐の団扇、すてきに、できてますね。
さすが、元○員のトマトっとさん。
応援にますます、力が入りそうです。


今朝は、台風一過の後の青空が、雲一つなくとても、美しいですね。
隠れ里でのN姉の秋のフランス料理試食会はいつにししょうか?予定、教えて下さい。
12|3
AutoPage最新お知らせ