静岡中央電鉄の車両 8  

クリックすると元のサイズで表示します

■静岡中央電鉄20000系
■起動加速度:3.5km/h/s 減速度:4.0km/h/s
■IGBT-VVVFインバータ制御
■最高時速120キロ
■6両(4M2T) Mc+T+M+M+T+Mc


沼急線は、高規格化で一部特別車の特急が走ることになった。静中車両製造では有料特急電車の製造経験が無いため、TRAILに製造を委託した。
なお4両が特別車(有料車)で2両が一般車となっている、





クリックすると元のサイズで表示します

■静岡中央電鉄30000系
■起動加速度:3.5km/h/s 減速度:4.0km/h/s
■IGBT-VVVFインバータ制御
■最高時速120キロ
■6両(4M2T) Mc+T+M+M+T+Mc


2007年上半期に新造された。徹底したビジネスユースの内装を施し、大型の荷物が置けるように荷物置き場が設置されている。 投入後、目だった動きはなかったが2008年に入り御前崎線への座席指定特急運行が決定しこの30000系に白羽の矢が立った。
御前崎線の夏季限定特急「マリン号」に使用されるほか、一部の団体臨時列車にも使用される。



クリックすると元のサイズで表示します




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ