音楽版ブログ「おとけーず」もあります。でも、最近はお休み中。

2017/12/13

福井の水ようかん食べくらべ・その2  たべもの

とてもとても寒いですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
空気が澄んでいるので流れ星がきれいに見えそうですね。

そんな寒いときには水ようかん! 今回は水ようかんの話です。

「日光 水ようかん 食べくらべ」と検索すると、
上から5番めに登場してしまうのがこのブログKEYNESでございますが、
どれだけ水ようかんが好きなんだと。

先日、皇居の乾通りの一般公開に行ってきたわけですが、
その帰りに、有楽町にある福井のアンテナショップ「ふくい291」に寄って、
水ようかんをたんまりと買ってきたのでした。^^

福井では冬に水ようかんを食べるのが風習となっているので、
この時期になるとお店にもいろいろなお店の水ようかんが並ぶことになるのです。

ということで、今回買ってきたのはこちら。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

何度もいただいている定番の「えがわ」の水ようかんの他に、
小浜市にある「伊勢屋」、越前市にある「シュトラウス金進堂」、
そして、福井市の「餅の田中屋」、4つのお店の水ようかんを買ってきたのでした。

「えがわ」の水ようかんはなんとも定番という感じで、これがスタンダードかな。
黒糖を感じることもできて、適度な甘さで、とりあえずこれを選べば間違いない。

で、福井の水ようかんはやや硬めで、ぷるっとしてるのが特徴かなって。

それに対して、福井市ではない「伊勢屋」や「シュトラウス金進堂」のものは、
普通の水ようかんくらい柔らかめで、日光のものに近かったですね。

それと、黒糖を使っているというのも福井の水ようかんの特徴かと思いますが、
この2つは黒糖を使っていなくて、その辺は福井市民からするとどうなんでしょうね。

「シュトラウス金進堂」のものはけっこう甘めで、
福井市のものたちに比べると、やはり違う土地の物なんだなーって。

福井の水ようかんのラインアップに並ぶと異質感が出ますが、
一般的にはあれが普通の水ようかんでしょうから、
その点では、わざわざ福井まで行って買うものではないのかと思いますね。

味的にはおいしいんですよ。あれは好きです。日光のと食べくらべたいかな。

「伊勢屋」の丁稚羊羹は甘めが抑えてあってあずきの味がしっかりしています。
たくさん食べるならこちらがいいかも。硬さは金進堂のよりもやや硬め。

で、最後に「餅の田中屋」ですが、黒糖の味もしっかりで甘さもけっこうありました。
甘いものが好きな自分にとっては、このくらい黒糖感がある方がいいですね。

昨年3月に福井で食べた「栄太楼」の水ようかんが自分的には好みでしたが、
もうその味をすっかり忘れてしまったので、一緒に食べくらべてみたいかな。

ということで、福井のアンテナショップに行けば買えるはずですので、
みなさんも食べくらべてみてはいかがでしょうか。

冬の水ようかんもなかなかいいですよ。

2017/12/11

不揃いバウム  日記

今日はあたたかくていいですね。でも、あったかいのは関東だけなのかな?
水曜日からは大寒波らしいので、ちょっと心配ですねー。

さて、ずいぶんと更新をさぼってしまいましたが、
寒くなってくるとこたつから出たくなってしまうので、そうなっちゃったりなのです。

まあ、カゼをひいていたってこともあるんですけどね。
もうすっかり治りましたが、そのせいもあって声がちょっと出なくなってしまいました。

なので、のど飴をと思ってコンビニに買いに行ったところ、
ファミマに行ったんだけど、ひさびさに無印のバウムクーヘンが売られていたのでした。

以前はよく売っていたのに、最近はめっきり見なくなっていましたが、
あれは何で売らなくなっちゃったんでしょうかね。売れないからなのかね。

ということもあって、無印のお店で直接買うようになっていたんだけど、
今回見つけたのが「不揃いバウム」という商品で、
見た目はほとんど変わっていないんだけど名称に「不揃い」が追加されていたのでした。

普通のバウムクーヘンとは別にアウトレット品を売るようになったのかと思ったら、
今までのバウムクーヘンはリニューアルされたんだって。

「不揃い」とつけるようになったのは、
品質基準を見直すことによって、今まではじかれていたものを売るようにして、
ロスをなくすことで、価格を下げることができるようにしたと。

まあ、多少の焼きムラは味にはそこまで大きく影響しないだろうし、
そのくらいだったらなんとも思わないですよね。

最近では、消費期限の表示を簡単にしてロスをなくそうって動きもあるわけで、
こういった取り組みはとてもいいですね。

こちらとしても、少し安く買えるようになるわけだし。

ということで、また無印のお店に行ってどっさに買おうかと。
近くのファミマでも売ってほしいんですけどねー。

で、無印のプレスリリースを見ていたら、
けっこういろいろな味が売られているんですね。

紅茶とか知りませんでした。ちょっと食べてみたいかも。
ホワイトチョコがけいちごも気になります。

うむ、やっぱ無印のお店に行かなきゃ!

2017/12/6

秋の乾通り一般公開  日記

今日は寒かったですけどいい天気でしたねー。
ということで、午前中はテニスをして、午後はお出かけをしてきました。

現在、皇居では秋の乾通りの一般公開が行われていて、
今度の日曜日(10日)まで通り抜けをすることができるのですが、
紅葉も終わりかけということで、早いところ行っておこうと。

昨年の春に桜を見に行ったときはあまり天気が良くなかったのですが、
今回は青空で気持ちがよかったですねー。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

前回の桜のときはまだあまり咲いていない感じだったんだけど、
今回の紅葉は、終わりかけといってもきれいな木がいくつかありました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ひときわきれいだったのはこのオレンジ色の木で、
なんともやさしい色合いで、赤や黄色とはまた違った味わいがありますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

皇居の敷地は広いので、奥の方の庭にもきれいな木がたくさんあって、
きれいに黄色く色づいていたイチョウを近くで見たかったなー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まあ、他人の家の庭を見せてもらっているわけだから、
あんまり図々しいことを言ってはいけないですよね。

で、紅葉もきれいだったんだけど、途中に咲いていたのがこのフユザクラで、
なんともかわいらしい花びらで、この寒いなかよく咲いてるよな。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

あれはよかったなー。いいものを見れました。

乾門の手前にはきれいに散っていっている木が。
木の下の赤いじゅうたんも含めて、なんとも絵になりますね。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

で、見終わった後は神保町方面に抜けたかったんだけど、
適当に歩いていたら九段下方面に行ってしまっていました。

まあ、ほぼ同じ方向ですけど。

その九段下交差点にあったイチョウがまたきれいでねー。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、向かったのはひさびさのcafe mielで、
もしかしたら3年ぶりとかになっちゃっていたみたいです。

そしたら、いつも食べていた3点セットのうちホットドッグがなくなっていて、
一緒に付いてくるポテトサラダドッグが食べたかったのに…。

代わりに登場していた焼肉サンドがおいしかったからまだいいけど、
あれ復活してくれないかなー。ポテサラドッグだけでもいいから。

ウインナーコーヒーとガトーショコラはいつものようにおいしかったです。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なんともゆったりできて心地いい昼下がりでした。

2017/12/5

刃を交換した  日記

今月は前半はけっこう寒いそうで。気をつけましょうね。

ちょっと軽くカゼをひいたのですが、もうよくなったみたいです。
のどの痛みだけで終わったんだけど、カゼじゃなかったのかな?

さて、今回はひげそりの話なんですが、
だいたい2年経つと使えなくなるというのを繰り返していたひげそりが、
ちょっと前から切れ味が悪くなってきたかなーと。

本体自体は普通に動くんですけどね。

刃がまわる音が昔よりかなりうるさくなったような。
あと、なかなかひげが剃れてくれないと。

なので、また買い換えかなーと思ったんだけど、
刃だけを替えることでどうにかなりそうなんじゃないかということで、
本体の価格の半額で買えるので、とりあえず替え刃を買ってきたのでした。

そしたら、あんなに静かだったんだっけってくらいの音に。
やっぱ刃がいけなかったんですね。

切れ味もよくなって、基本的に毎日ひげを剃っているわけだけど、
1日たって、また剃ろうとした時に伸びている長さが明らかに違いましたね。

新しい刃だときちんと深めに剃れてるってことなんでしょうね。

で、刃を替える時に、お知らせサインをリセットしろということが書いてあって、
どうやら、刃を交換する時期ですよって、本体が教えてくれていたみたい。

刃の交換目安は2年だということなんですが、
今のひげそりはだいたい2年半前に買ったものなんですね。

たしかに、ある時、ひげを剃り終わってスイッチを切ったら、
いつもは光らないようなところが点滅し始めて、
とうとう壊れちゃったか?と思ったことがあったんですよね。

あれはそのお知らせサインだったんですね。
ちゃんと説明書を読んでないとダメですね。

ということで、このまま本体が動き続けてくれれば、
あと2年は使い続けられるのかなーって。

そのくらいは持ってもらいたいですね。

2017/12/3

「We Love Television?」  映画

12月になりましたね。今年もあと1か月です。
平成もあと1年半だっていうしね。いろいろあっという間なんだろうなー。

さて、もう10日ほど前のことになってしまいましたが、
渋谷まで映画を見に行ってきたのでした。

連休ができたので何か面白そうなことないかなーって思って、
いろいろ調べたら、おもしろそうな映画をやっているのを見つけて、
でも、それが1日1回、夜だけの上映ってことで、連休にはもってこいだなと。

見てきたのは「We Love Television?」という映画で、
“視聴率100%男”と呼ばれていた欽ちゃんこと萩本欽一さんが、
ふたたび視聴率30%を取るバラエティ番組を作ろうとするドキュメンタリー。

「電波少年」で有名な日テレの土屋さんが仕掛け人となって、
彼の誘いで欽ちゃんが番組作りに取り組んでいくわけですが、
その中で、視聴率30%を実現させてしまう欽ちゃんのノウハウと何なのか、
それを明らかにしていこうとするのがこの映画だということでした。

実際に、収録した番組は2011年7月に放映されていて、
テレビの地上アナログ放送が終了する記念番組だったそう。

そんな番組があったなんて全く知りませんでした。
ということで、その番組自体は自分は見てないんですけどね。

それでも、番組作りの過程を見れたのはとても興味深くて、
バラエティ番組というだけでなく、仕事というものをしていくにあたって、
どんな意識を持って取り組むのか、とても勉強になりました。

今の人は特に「すぐに安心したがる」と欽ちゃんは話していて、
それではダメで、常に考え続けて行かなければいけないと。

彼は、どんなことでも思いつきですぐにやってしまうんだとか。

思いつきだから8割がた失敗するらしいんだけど、
そもそも、思いつきでやったんだから失敗するのも当然だと開き直れて、
そこから次を考えていくこと大切なんだという話もしていました。

あとは、能力のある人に対してはしっかり期待をするってこと。

ある意味では追い込んでいくわけだけど、できる人は追い込まれるからこそ考えるし、
そこからすばらしいものが実際に生まれ、そして最後にしっかり評価する。

一方で、できない人には全く期待しない。ハードルを下げまくる。
そうすると変なプレッシャーを抱えずに自然にやっていくことができるし、
でも、いつかは能力のある人のように期待されたいから、向上心も湧いてくる。

ああやって人を育てていくんだなーって。

もう上映している映画館がわずかみたいなんだけど、
見る機会があれば、ぜひとも見てみてください。

2017/11/29

多摩センのイルミ  日記

今日はあたたかい1日で過ごしやすかったですね。

今日はテニスの日だったので、運動するにはちょっと暑かったですけどね。
さらに、その後は仕事ということで、なんとも盛りだくさんの1日でした。

さて、先日は神奈川にある大山まで紅葉を見に行ってきたわけですけど、
その帰りに、多摩センターのイルミネーションを見てきたのでした。

多摩センター駅前のイルミネーションは2001年からやっているようですね。

南北に400メートルもの長さが広がっているそうで、
通りも広いので、けっこうきれいでしたねー。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんとキティちゃんたちともコラボっているのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

イルミネーションの真ん中にはツリーが。
表と裏で装飾が違うので、どちらからも楽しめていいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

さらに、パルテノン多摩の横にある階段を上っていくと、
多摩中央公園の池があるんですが、こちらもきれいになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

この池は「きらめきの池」という名前なんですね。

この池の真ん中にもツリーがあるのですが、
角度をちょっと変えてみるとこうなってしまうのです。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、ツリーの上に星が乗っているわけではないんですね。
こういう仕掛けもなかなかおもしろいんではないかと思います。

上から見下ろすとこんな感じで。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

近くをお寄りの際は、ちょっと見てみるのもいいと思いますよ。
来年の1月8日までやっているということです。

そして、そんな景色を楽しんだ後は、
高幡不動までやってきて「あんず村」でぜいたくな夕食を。

この日は高幡不動でも「もみじ灯路」が開催されていたのですが、
着いた時にはすでに終わってしまっていたのでした…。

いやー、ホットサンドがおいしかったなー。あとコンソメスープも。
食後にココアをいただいて、大満足で帰ってきたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

なかなかいい休日でした。

2017/11/27

大山の紅葉・後編  日記

そろそろ11月もおしまいなんですね。あら、ずいぶん早いですねー。
まだ年賀はがきも買ってないし、年末年始の予定も決めていかないと…。

さて、先日は神奈川にある大山まで紅葉を見に行ったわけですが、
大山寺で真っ赤な紅葉を見た後は、ケーブルカーに乗って山の中腹まで。

こちらには阿夫利神社の下社があって、この周辺でも紅葉が見られると。

というはずだったんですが、山は完全に雲の中に入ってしまったようで、
雨はそこまで降ってなかったけど、ガスってしまって視界が悪い…。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

まあ、これはこれで幻想的ではありますけどね。
以前に、身延山に行ったときもこんなことになったんですよね。霧に好かれてます。

神社の境内では「もみじ汁」という名の豚汁がふるまわれていて、
そのうちに、まだ日没までは時間があるんだけど暗くなってきました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

16時半過ぎにはけっこう暗くなってきて、まあまあきれいですね。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

紅葉に合わせて大山とゴジラがコラボしていたようで、
階段にゴジラを題材にしてプロジェクションマッピングが投影されていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

でも、なかなか人が多くてあまり見えなくて、徐々に雨が降ってきてしまって、
なので、ケーブルカーに乗ってまた大山寺まで。

下に降りると霧が晴れていて、夜景が見えるようになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そして、大山寺の紅葉ですが、ライトアップされてまたさらにきれいですねー。
写真だとより遠近感がわからなくなっちゃいますけど。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

階段を上がって、お寺の周辺もなかなかいい雰囲気でした。

クリックすると元のサイズで表示します  クリックすると元のサイズで表示します

そした、階段の上から紅葉を見ると、その先に夜景が。

クリックすると元のサイズで表示します

写真だと明るさをどちらかに合わせてしまうのでなかなかうまく表現できませんが、
いやー、あれはなかなかきれいですねー。

今年のライトアップはもう終わってしまいましたが、
駅からはちょっとありますが、関東近郊で近いので、なかなかいいスポットかと。

また見に行きたいと思いました。今度は晴れてねー。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ