2013/12/18

深夜のベラベッカ作り!  Miki的スイーツレシピ

深夜2時、、、昼間に仕込んだまま焼きそびれていた、オリジナル「ベラベッカ」の生地を、ごそごそと焼き始めました。。。(^^;)


ベラベッカとは、フランスはアルザス地方の、伝統的な発酵菓子で、生地の9割以上が漬け込みドライフルーツとナッツで出来ている、贅沢なお菓子! ドライフルーツも本来はドライポワールが大半なのが、本当なのですが、、、残念ながら、洋梨は常備出来ていないので、あるものでベラベッカ風にアレンジ。


クリックすると元のサイズで表示します
自家製酵母でおこした元種に、ドライフルーツ(クランベリー、イチジク、レーズン、マンゴー、アップル)ナッツ(ピスタチオ、アーモンド、ペカンナッツ、カシューナッツ)を準備!

クリックすると元のサイズで表示します
ドライフルーツとナッツを合わせ、スパイス(シナモン等)を好みでふりかける。

クリックすると元のサイズで表示します
事前に発酵させておいたパン生地を、ちぎりながら入れる。(ドライフルーツの重さの10%程度)



クリックすると元のサイズで表示します
フルーツをつぶさないように、やさしく全体を馴染ませる。(初め馴染みにくいけど、だんだん粘りが出てきます)

クリックすると元のサイズで表示します
仕込み生地完成!!



そのまま、すぐ焼いても大丈夫そうですが、、、念のため、2時間ほど寝かし、さらに、冷蔵庫で6時間ほど寝かしました。(冷やした方が、生地がしまって、成形しやすいです(^0−)v)


クリックすると元のサイズで表示します
寝かしたあとの生地。特に見た目の変化はありません。


クリックすると元のサイズで表示します
ナマコ型に成形して、150℃のオーブンで1時間焼成。




クリックすると元のサイズで表示します
熱いうちに、シロップを全体に塗ってコーティング! 


クリックすると元のサイズで表示します
冷めたら、ラップでくるんで、最低3日〜1週間ほど熟成させると完成(^0^)/


というわけで、味見までにはなかなか時間がかかりますが、洋酒漬けのドライフルーツさえあれば、シュトーレンなんかよりずっと簡単に出来ちゃいます!!


実は、昨年から寝かし続けて1年になるしろものもセラーの中にワインとともに眠らせていますが、、、どんな状態になっているのやら(^^;)  クリスマスに是非両方解禁して、食べ比べてみたいと思います!!


赤ワインのつまみには最高のおすすめフルーツ菓子です! クリスマスに合わせて、是非作ってみては???(^0−)9
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ