2013/12/11

今年最後のシュトレン作り!  Miki的スイーツレシピ

年末、クリスマスに向けて、10月頃から、コンスタントに焼き続けて、これで5回目(たぶん(^^;)

ノーマルシュトレンはこれで、今年最後かな。。。(年明けからは、チョコバージョンに変わるのだ!!(^0−)v)


レシピがあるようで、ない? (毎回、その時の気分で配合を変えちゃってますので、、、(^^;))私の、自家製酵母使用のオリジナルシュトレン!!

特徴としては、ナッツ度高め、甘さと油脂分控えめ、わりと固めの食感でございます!!

最後を締めくくる配合は、砂糖はさらに少なく、油脂のバターの半量を例の「カルピスソフト」に置き換えてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
年間常備しておりますが、フルーツ&リキュール別に漬け込んだ、ドライフルーツの洋酒漬けたち。
この時期はめっちゃ回転が速いので、使ったら即継ぎ足し継ぎ足しで、大忙しです!

ちなみに、ラムレーズンを筆頭に、、、イチジク&シェリー、クランベリー&ラズベリーリキュール、ドライアップル&ホワイトキュラソー、マンゴー&ココナッツウォッカ他・・・などなど。。。一応、使い分けておりますよ♡

さて、今回は、つまみで作ってあった、リンゴの赤ワインコンポートも刻んで、フィリングにしちゃいました。
クリックすると元のサイズで表示します


ちょっと、いつもとは、フィリングの種類が違うので、出来上がりの味がどう変わるのか? 今から楽しみ♡
クリックすると元のサイズで表示します


丸一日発酵させて、さらに冷蔵庫で一晩寝かし、翌朝焼く!というのが、私のやり方。
クリックすると元のサイズで表示します
分割して、、、

クリックすると元のサイズで表示します
ナッツをちらし、今回は、マロンペーストを中に巻き込むことに。。。

クリックすると元のサイズで表示します
成形して、最終発酵は30分ほど。。。


クリックすると元のサイズで表示します
180℃のオーブンで、40から45分ほどしっかりめに焼きます。


クリックすると元のサイズで表示します
焼き上がったら、すぐに、ラム酒にドボーーーン! 
お次ぎは、バターでコーティング!!

粗熱がとれたら、表面にお砂糖を軽くまぶして、アルミホイルで包んで1日置きます。

ここまでで、ほぼ完成ですが、最後の仕上げは、翌日生地が落ち着いたら、粉砂糖をしっかりまぶして、ラップできっちり包みます。

これで、さらに、1週間ほどして、もし表面の砂糖がすっかりとけてしまっていたら、もう一度溶けない粉砂糖で表面を覆います!

これで、あとは、10日ほど涼しいところで寝かせれば、完成!!(^。^;)


なかなか,時間はかかる発酵菓子ですが、、、実質作業する時間は短くて、作り方も簡単なので、時間さえあれば簡単ですよ〜!


ただ、すぐに味見ができず、途中で味の確認が出来ないのが難点ではありますが、逆に、それが「熟成」というものの楽しみでもあります(^0−)/

時間とともに変化する、味の深みが、なんとも、「熟成もの」好きの私にはたまらない魅力です!


さて、今回の最終シュトレンの仕上がりは??? 結果は、ちょうど、クリスマス前頃になりそうですクリスマス
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ