2013/1/12

発酵菓子ベラベッカ!  自家製酵母

年末に作っておいた自家製酵母使用の発酵菓子「ベラベッカ」! 

といっても、ちゃんとしたものを私自身食べたことがないので、全くの想像レシピですが、、、とにかくほぼドライフルーツの塊といっても過言ではないくらいの、ドライフルーツ菓子です。

2回焼いたのですが、2回目はちょっと生地を多めにして、でもシュトレンよりはフルーツたっぷり、くらいにしてみました。

1回目のほぼドライフルーツの方は、生地が劣化することもなく、いい感じでドライフルーツも熟成していたのですが、生地が若干多めに焼いた方は、焼成後たっぷりラムシロップを染み込ませてはいたものの、やはり、ちょっと生地がパサ付いてきたようです。 おそらく、シュトレンのように周りをバターと砂糖でガチガチにコーティングしていれば、問題ないんでしょうけど、、、ベラベッカということで、あえてそこはシロップだけで。。。

クリックすると元のサイズで表示します
これは、一回目のほぼドライフルーツで生地はつなぎ程度の方。

クリックすると元のサイズで表示します
いい感じでドライフルーツが混ざり合って熟成しています。 お味も直後よりまろやか〜〜ハートx2


クリックすると元のサイズで表示します
こちらは、二回目のパン生地が若干多めの方。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと、生地の部分のパサ付きが気になります。

やはり、生地を多くしたものは、熟成には向かないのか? 1週間くらいが食べごろ目安のようですね。



しかーーーーし!! ここで、諦めるMIKI様ではありましぇん(^ー^)9

新たな手段を打つことに。。。


ブランデーケーキで私がよく使う手ですが、熟成途中で何度かさらにブランデーシロップを塗り直す! 


さて、パン生地を私用したベラベッカでもそれが上手くいくか???


うふっ!!ウッシッシ こういうキッチン内での実験的試作!大好きハートx2 
なんだか超ワクワクしてきますv▽v

というわけで、早速、ラムベースの強めのリキュール類にはちみつを少々加えたものを、た〜〜っぷり塗ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

度数の高いアルコールとはちみつの殺菌作用で常温でも当分は腐敗は防げるのでは???と勝手に想像していますが。。。

さてさて、この結果を解禁するのは10日後くらいでしょうか?


う==ん! どうなることやら、楽しみだな〜〜〜´з`
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ