2018/9/11

加茂昴展展示作業  企画展

9月15日に開幕する「加茂昴展 追体験の光景」。

クリックすると元のサイズで表示します

今日からはじまった展示作業には、作家の加茂さんとともに、「戦争画STUDIES」のバーバラ・ダーリンさんが手伝いに来てくれました。聞けば学生時代の同期だそうです。
写真は、水俣を描いた絵画群を展示する二人の様子。今回の展示は広島・水俣・福島における追体験がテーマです。

少し前のことになりますが、10月から特別展示(テーマはチェルノブイリの予定)を行う気鋭の写真家・小原一真さんとの打ち合わせには、アフリカ・ジンバブウェの記憶を描いた初個展を終えたばかりの吉國元さんが同行してくれました。やはり以前からの友人同士だそうです。

それぞれの活動を興味深く見ていた若い世代の表現者たちがつながっていて、互いに誘い合って丸木美術館に来てくれるのは、とても嬉しいです。
こちらも彼らの活動をしっかりサポートしていかなければと思います。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ