2018/5/2

毎日新聞WEB版に「丸木俊 本のたのしみ」展紹介  館外展・関連企画

人間と自然、豊かに深く 丸木俊「本のたのしみ」125冊展示
 ―2018年5月2日『毎日新聞』WEB版

https://mainichi.jp/articles/20180502/mog/00m/040/008000c

東京・東中野のポレポレ坐で開催中の「丸木俊 本のたのしみ」展が、『毎日新聞』WEB版で紹介されました。
取材は岡本同世記者。「懐かしくてモダン、美しくて深い――」という書き出しが良いですね。
以下、記事からの一部抜粋です。

=====

企画を担当したポレポレタイムス社の小原佐和子さんは「子供だけでなく、あらゆる世代に向けた作品が多い。絵本を通して、丸木夫妻を知らない若い人が興味を持つきっかけになれば」と期待する。「原爆の図 丸木美術館」(埼玉県東松山市)の岡村幸宣学芸員は「日本の絵本界をけん引してきた丸木俊の仕事を一堂に展示する、これまでありそうでなかった企画。今の絵本はキャラクターが強く前面に出るが、俊さんの表現は、もっと奥深い世界を見せてくれる」と話す。

=====

写真は、ポレポレ坐で撮影した会場風景。

クリックすると元のサイズで表示します

絵本原画は現存している作品が限られているので、「原画展」ではなく「絵本展」の方が全仕事を紹介できるのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

1956年以後に発行された書籍は手に取って読めるようになっているので、ぜひ、内容もお楽しみください。

クリックすると元のサイズで表示します

展覧会は、5月7日まで。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ